TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL FILE 4 水野 学
画像
FILE 1

FILE 2

FILE 3

FILE 4

SPEC

FIN.

FILE 4

写真原稿の差を検証する

水野 学氏
水野:
実はどうしても実験したいことがあるんです。フィルムカメラとデジタルカメラで同じものを撮影してみて、印刷したときにどう違うのか…予想はできるけど実際には見たことがなくて、それを見てみたい。 今回、カメラマンの片村文人さんに全面協力いただき、サイズの違うフィルムカメラとデジタルカメラ計7種で同じ空を撮影するという、本当に贅沢なことをさせていただきました。ここで撮影した原稿を、それぞれB1五連サイズになるまで拡大して印刷してみたいと思います。
PD:
相当な拡大率ですね!特に35mmフィルムでB1五連分まで拡大するとなると、約105倍です。かえってトーンジャンプがなくなって味が出る可能性もありますが…どうなるんでしょうか。
スタッフからのコメント

ポスターでは、青空にハトが飛んでいるデザインを考えていた水野さん。今回は7種類の写真原稿の空に、デジタルカメラで撮りためたハトを合成したものを出校することにしました。そのハトと空がどう組み合わさっていくのかも、大きな見どころです。
「同じハトは使いたくないので…」と、本当にたくさんのハトの写真データをいただきました!またしても水野さんの並々ならぬこだわりが感じられます…!

スタッフからのコメント
PROFILE

片村文人 カメラマン
1982年鳥取県生まれ。10BANスタジオ、瀧本幹也氏に師事。2009年に片村文人写真事務所として独立。2011年、APAアワード2011 広告作品部門特選受賞。

フィルムカメラとデジタルカメラの違いとは

フィルムカメラ35mm

フィルムカメラ6×6

フィルムカメラ8×10

デジタルカメラ

※ボタンをクリックすると拡大表示されます。
水野:
フィルムよりデジタルのほうが全然きれいなんですね!考えてみたらデジタルカメラはカメラ内での画像の作り方からして違う訳ですから当然なのかもしれませんが…。でも、こうして改めて眺めてみると、粗くないからいいというものではないし、かえって粒状性がノスタルジックな雰囲気を醸しだしていて柔らかい印象だったりすることがわかりますね。
PD:
そうですね。しかし、ここまで粒状性が出るとは…!少し粗いものは深みがありますが、粗すぎると逆に深みから遠ざかっているようにも思います。
水野:
…決めました。今回は8×10でいこうと思います!ハトをこれにうまくなじませることができたらリアルに飛んでいるようになるかもしれません。画像がものすごく粗いUF0の写真がリアルに見えるのと同じように。
PD:
ハトはどのように作り込んでいきましょうか。
水野:
ハトにも8×10と同じような粒状性を加えるとか、アウトラインをなじませるとかの画像処理をしていただいて、一枚の絵として自然になるようにしたいですね。今のままだと、ハトはコントラストも強すぎるかもしれません。
次回予告

ここからハトの合成で改良に改良を重ねて、最終ポスターの入稿段階に入ります!

プロフィール
水野 学 MIZUNO MANABU

水野 学
MIZUNO MANABU

アートディレクター
クリエイティブディレクター

1972年東京生まれ。茅ヶ崎育ち。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、(株)パブロプロダクション入社。その後、(株)ドラフトを経て、1999年にgood design company設立。ブランドづくりの根本からロゴ、商品企画、パッケージ、インテリアデザインまで、トータルにディレクションを行う。主な仕事に、NTTドコモ「iD」、「農林水産省」CI、宇多田ヒカル「SINGLE COLLECTION VOL.2」、「桜流し」「東京ミッドタウン」、台湾セブンイレブン「7-SELECT」リブランディング、熊本県キャラクター「くまモン」、「多摩美術大学」、「中川政七商店」、新文具ブランド 「STALOGY」、ユニクロ「UT」、ルミネ「iLumine」、「adidas」、「J-WAVE」、オンワード樫山「23区」、ANA「travel Smap」、首都高事故削減プロジェクト「TOKYO SMART DRIVER」、kurkku「プレオーガニックコットンプログラム」、ベネッセ「World Wide Kids English」、「東京都現代美術館」サイン計画、国立新美術館「ゴッホ展」、森美術館「ル・コルビュジエ展」「東京−ベルリン/ベルリン−東京展」、「東京カレーラボ」、「世界陸上2007」、VERY×ブリヂストンコラボ自転車「HYDEE.B」、「KIRIN903」、「ラーメンズ」、椎名林檎「林檎班」ほか。自ら企画運営するブランド『THE』では、“世の中の定番を新たに生み出し、定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと”を目指しクリエイティブディレクションを担当する。good design company 代表取締役、慶應義塾大学特別招聘准教授。

FILE 1

FILE 2

FILE 3

FILE 4

SPEC

FIN.
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.