TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.トライアル2-三星安澄
画像
トライアル2
画像
2色によるモアレの見え方を検証する

「『色』という要素を加え、モアレを『模様』へと変化させるためのポイントをさぐっていきたいと思います。前回、ブラック1色で刷っただけでもさまざまなモアレができましたが、色味をプラスすることでどんな刷り上がりになるのか、とても楽しみです。このトライアルでは色のほか、網点の形、網点の角度による比較も行います」
原稿
画像
描画ツールソフトで描いたさまざまな形の擬似網点のデータ。
用紙/インキ

用紙はインキのつきがよいオーロラコートを選択。
インキは特色数種類の中から2色を組み合わせて検証した。

製版/校正刷り

線数は175線。

刷り上がり

画像
左奥より特色蛍光ピンク→スミ、金→銀、手前左より特色蛍光シアン→特色蛍光ピンク、スミ→銀、特色蛍光イエロー→特色蛍光ピンク

【ディテール(色による比較)】

画像
 
画像
網点の形は三角形。上は特色蛍光シアン→特色蛍光ピンク、下は銀→金。網点の形は同じでありながら、インキの違いだけで見え方が異なる。

【ディテール(網点の形による比較)】

画像

画像
網点の形は、上が正方形、下が正三角形。いずれも右が拡大図。インキは特色蛍光シアン→特色蛍光ピンク。正三角形ではほとんどモアレが見られなかった。

【ディテール(網点の形による比較)】

画像

画像
2版の重なりの角度は、上が1度、下が2度。いずれも右が拡大図。網点の形は正六角形、インキは特色蛍光シアン→特色蛍光ピンク。モアレの見え方のほか、色の出方にも違いが出た。

画像
トライアルを終えて
画像

画像
三星氏のコメント
「疑似網点の描写がとても細かいので、データ作成時のモニターでは全体像を確認することはできず、刷り上がりを見てはじめて分かることがたくさんあり、発見の多いトライアルとなりました。インキの色や刷り順、網点の形など、各要素の組み合わせによって表現の可能性はかなり広がりそうですね」

担当PDのコメント
網点の形や角度、線数が変わるとモアレの見え方も変わる。今回は2色のインキで試したが、同一の版を使用しても刷る色が変わるだけでモアレの見え方が変わることがわかった。この現象は金や銀、蛍光で顕著に現れた。これはインキの透明度や視認性によるものと考えられる。

画像
次に向けて
画像

「色数を2色から4色にし、モアレの変化を見ていきます。インキのほか、グロスニスやマットニスを用い、モアレの見え方にどのように影響するのか、検証したいと思います」

プロフィール
画像

三星安澄 MITSUBOSHI AZUMI
画像
三星安澄
MITSUBOSHI AZUMI
グラフィックデザイナー

1980年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。在学中より野老朝雄に師事。卒業と同時に独立し、2008年MITSUBOSHI DESIGN設立。ロゴのデザインからエディトリアル、パッケージ、サインデザイン、ペーパープロダクトなど、グラフィックを通じてデザイン活動を行う。2011年には事務所と併設して、ペーパープロダクトを専門に扱う店「西荻紙店」を西荻窪に開店。「かみの工作所」デザインディレクター。
画像
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.