TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.トライアル1-森本千絵
画像
トライアル1
画像
コラージュ独特の積層感をつくる

「『新聞コラージュ日記』は、そのときに手元にある材料や画材だけを使ってつくっています。材料をたくさん重ねたり、紙いっぱいに絵を描いたり……。その日の気分にまかせてつくるので、どんなものができるのか、自分でも楽しみなんです。トライアル1では、材料の素材感やコラージュらしい重なりを表現するために、さまざまな印刷技法をテストします」
原稿
画像
森本氏制作の「新聞コラージュ日記」をスキャナーで撮影し、原稿とした。(上段左よりA、B、下段左よりC、D)
用紙/インキ

用紙とインキはそれぞれの原稿の特徴に合わせて選択した。

用紙

A:アリンダ
B:オフメタル(銀)
C/D:CFホワイトSP

インキ

A:プロセス4色(Kaleido)/オペークホワイト
B:プロセス4色(Kaleido)/オペークホワイト/グロスニス
C:プロセス4色(Kaleido)/オペークホワイト/特色ブルー/特色スミ/超光沢メジウム
D:プロセス4色(Kaleido)/オペークホワイト/特色ブルー/特色スミ/超光沢メジウム/特色蛍光イエロー(オペークホワイト20%混入)/特色スミ
製版/校正刷り
【A】絵柄の厚みを表現するため表裏印刷を設計。原稿の素材別に絵柄を2つに分け、表用・裏用の2パターンの版を作成した。
【B】原稿のメタリック部分と緩衝材部分は紙地を活かし、それ以外はホワイトのマスク版で紙地を隠蔽した。
【C】原稿の白の厚みを出したい部分を強調するホワイト版を作成した。
【D】クレヨンのマットな質感を出すため、蝶の部分のみプロセス4色とは別に特色版を作成。

版の構成/刷り順

A:オペークホワイト→K→C→M→Y
B:K→C→M→Y→オペークホワイト(6回刷り)→特色ブルー→特色スミ→超光沢メジウム
C:プロセス4色(Kaleido)/オペークホワイト/特色ブルー/特色スミ/超光沢メジウム
D:K→C→M→Y→オペークホワイト→特色ブルー→特色スミ→超光沢メジウム→特色蛍光イエロー→特色スミ
刷り上がり

【A】透明な用紙に両面から刷り、絵柄に厚みを出す

画像

【ディテール】

画像
表から刷った部分と裏から刷った部分では、奥行きが異なって表現された。
※カーソルを合わせると裏から版った部分が表示されます。

【B】メタリックな用紙に刷り、テクスチャーを再現する

画像
 

【ディテール】

画像
銀色の紙や緩衝材の質感の表現を目指した。白い部分はオペークホワイトを刷り重ね、ほかのモチーフとの差異を出した。

【C】材料の質感を表現する

画像
 

【ディテール】

画像
コラージュに貼られていた丸いシール。オペークホワイトを6回刷りし、厚みを出した。

【D】画材の質感を表現する

画像
 

【ディテール】

画像
クレヨンで描かれた蝶。特色蛍光イエローにオペークホワイトを20%混入し、クレヨンの質感を表現。
画像
トライアルを終えて
画像

画像
森本氏のコメント
「印刷技法にはそれほど詳しいわけではありませんでしたが、プリンティングディレクターの渡辺さんに『印刷でなにができるのか』を見つけてもらいながら進めました。刷り上がりを見て、『こんなこともしてみたい!』と、次々とアイデアがわきました! ほかのコラージュ作品も原稿にしてみたいですね。刷り上がりを想像するだけでわくわくします」

担当PDのコメント
ここでの工夫のひとつは、インキと用紙である。プロセス4色には広演色インキであるKaleidoを用い、原稿の持つ鮮やかな色みの再現を目指した。また、コラージュのモチーフによってはインキにオペークホワイトを混入するなど、インキそのものの質感を変えている。用紙については、透明なもの、メタリックなものなど、コラージュのイメージに合わせて選択。それぞれ個性的な仕上がりになったが、印刷適性がより高い用紙の方が原稿の迫力やニュアンスを表現できるのではないだろうか。

画像
次に向けて
画像

「次回のトライアルでは、白い用紙に刷って印刷の再現性を高め、コラージュがもともともっている質感や色合いにどれだけ近づけられるかを見てきたいと思います」

プロフィール
画像

森本千絵 MORIMOTO CHIE
画像
森本千絵
MORIMOTO CHIE

博報堂を経て2007年「goen°」設立。現在goen°主宰として「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」を掲げ、広告・ミュージシャンのアートワーク、映画や舞台美術、保育園や動物園のトータルディレクションなど多岐にわたって活躍するほか、物語性を重視したプロダクトや空間デザイン「mono°goen°」、子どもたちとの想像力を育む場をデザインする「coen°」などを展開。雑誌『Pen』でまるごと1冊の特集を組まれたほか、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」準大賞受賞など、幅広い分野から注目を集めている。ADC賞最年少会員。『うたう作品集』が発売中。
画像
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.