TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 4.トライアル3-山本剛久
トライアル3
実際の絵柄で刷ってみる
「前回までの実験で製版の仕様や掛け合わせなど、設計の方向性が概ね固まりました。そこで今回は本番用の原稿3種類を刷り、実際のインキの色や濃度、刷り順や掛け合わせの具合を確認します。PC画面上のシミュレーションだけではわからないディテールも多いので、そのあたりを注意しながら全体像を見ていく実験です。木版画の良さとオフセット印刷ならではの面白さをうまく出せるバランスを探ってければと思います」
原稿
原稿は、使用色ごとに制作した各5〜6種の木版をそれぞれ墨で摺ったもの。絵柄は“カメ”“クラゲ”“クジャク”の3種類を用意した。
カメの甲羅部分の版木(左)と摺りもの(原稿・右)
用紙/インキ
それぞれのテーマにあった用紙と、全作品共通で和紙調の用紙の2種。インキは前回制作したチャートを元に濃度を調整した特色や金、銀、グロスニスなど。“クジャク”に使用した金は輝度の高いタイプのものを用意した。
用紙
カメ:きらびき(白S‐100)/新鳥の子(白)
クラゲ:トーメイ新局紙(白)/新鳥の子(白)
クジャク:シャインフェイス(シルバー)/新鳥の子(白)
インキ
カメ:特色銀/銀/特色茶/特色緑/特色グレー/グロスニス(ピンクを混入)
クラゲ:特色青/特色紫/蛍光ピンク/オペークホワイト/パールメジウム
クジャク:金/スミ/シアン(濃度80%、kaleido)/マゼンタ(濃度65%、kaleido)/イエロー(kaleido)
製版/校正刷り
ノーマル製版で線数はフェアドット
版の校正/刷り順※カッコ内は濃度
カメ:特色銀→銀→特色茶→特色緑→特色グレー→グロスニス
クラゲ:特色青→特色紫→オペークホワイト1→オペークホワイト2(2度刷り)→オペークホワイト3→パールメジウム→蛍光ピンク
クジャク:金→K→C→M→Y
カメの分色 (1)背景:特色銀/(2)甲羅:銀/(3)甲羅:特色茶/(4)甲羅:特色緑/(5)頭と四肢:特色グレー/(6)頭と四肢:グロスニス(ピンク混入)
刷り上がり
カメ(用紙:きらびき)
クラゲ(用紙:トーメイ新局紙)
クジャク(用紙:シャインフェイス)
トライアルを終えて
山本氏のコメント
「やはり、PC上で見るのと実際に刷ったものではニュアンスがずいぶん変わってきますね。でも予想していなかった風合いも、それはそれで面白いものがありました。特に“カメ”の甲羅で下地の銀が上の色版の木目を通して抜けているのがいい感じです。2色しか載っていないのに、厚みが感じられるし、オフセットの網点とはひと味違う質感ができたような気がします。“クラゲ”ではもう少し透明感を追求したいですね。“クジャク”は、基本的にプロセス4色を使用しているので版数は少ないのですが、とても色鮮やかで賑やかになりました。全体のバランスとしては良い感じだと思います」
担当PDのコメント
版画は一枚ごとに仕上がりが変わってくるが、オフセットでは版やインキの設計で「摺りの手加減」を何枚も同じように定着することができる。その落とし所をどこにするか、ここまで一歩ずつ積み重ねてインキの濃度や製版の調整を決めてきた。さらに完成形に近づくために、一つひとつのディテールを細かく調整していきたい。
次に向けて
「次はいよいよポスターの原寸に拡大して印刷します。今回と同じ原稿で微調整を加えながら、実際の大きさになったときの効果や色バランスなどにも注意したいと思います」
プロフィール

山本剛久 Yamamoto Takehisa
山本剛久
Yamamoto Takehisa

アートディレクター
1980年広島県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、2004年凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンタークリエイティブ本部に在籍。コーポレートコミュニケーション領域で、入社以来、企業が発行するカレンダーのアートディレクションを中心に手がけ、現在はカタログ、ウェブなどのディレクションに携わる。ドイツ国際カレンダー展銅賞、全国カレンダー展経済産業大臣賞、キッズデザイン賞コミュニケーションデザイン部門など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.