TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.トライアル1-福岡南央子
トライアル1
基本的なインキで視覚効果を確かめる
「ごく普通のインキで面白い視覚効果を狙ってみたいと思います。一つは、スミだけで刷った黒と、CMYKの掛け合わせでつくった黒の濃度差の確認。次に、銀のパターンにシアンとスミのアミを抜き合わせで隣り合わせたときの銀の見え方。そして銀の模様の上に同じ模様でCMYを刷り重ねたときの効果。この組み合わせで自分なりの色のチャートをつくってみたいと思います。絵柄は文字でつくった顔にしました。『何かありそうだな』と思うような微妙な絵は、『もっとよく見てみよう』という思いを湧き起こすので、ギリギリ顔に見えるような微妙な絵をつくってみました」
原稿
3つのパターンとチャートで構成されたデータ1種。
左上のパターンは、目や口の部分にスミ100%、それ以外の部分にCMYKをすべて100%刷り重ねた濃度差のテスト。
右上のパターンは、銀のパターンと抜き合わせでシアンとスミのアミを刷り重ねたテスト。
右下のパターンは、目と鼻以外の部分の絵柄の下に銀を先刷りし、下地の銀の影響を確認するテスト。
【分版】
C版 M版 Y版 K版
※左の3版は実際の刷り色とは異なります。
銀版 マットニス版 グロスニス版
用紙/インキ
用紙はキャストコート系、ダル系、マット系を中心に6種を選択。
インキは基本のプロセス4色と銀にマットニスとグロスニスを使用した。
用紙
雷鳥ダルアート/ハイマッキンレーピュアダルアート/エスプリコートC/オーロラコート/ユーライト/ヴァンヌーボV(ホワイト)
インキ
プロセス4色/銀/マットニス/グロスニス
製版/校正刷り
線数は175線。
版の構成/刷り順
銀→K→C→M→Y→マットニス→グロスニス
刷り上がり
どのパターンも、インキの重なりや光沢、用紙との相性で、見る角度によって見え方が変化する。
用紙:雷鳥ダルアート
【ディテール】
左上のパターン。
スミだけの黒(アルファベットでつくられた目や口の部分)とCMYK全て掛け合わせた黒(目や口以外の部分)では、圧倒的な差が現れた。また、上にスミをベタで刷り重ねた銀が予想以上に生きている。(左頬のストライプ部分)
用紙:エスプリコート
用紙:雷鳥ダルアート
用紙:ユーライト
用紙:ヴァンヌーボV(ホワイト)
右上のパターン。
見る角度によって銀とグレーが同化する効果が確かめられた。
用紙:雷鳥ダルアート
右下のパターン。
目や鼻などの部分以外に銀を先刷りしている。一瞬違いが見える角度はあるものの、気付きにくい結果となった。
用紙:雷鳥ダルアート
トライアルを終えて
福岡氏のコメント
「予想していた現象とは別に、思いもよらない現象が予測していなかった場所にあったように思いました。でも、とっても面白いテストになりました。インキは印刷されて紙の上に乗ると、色である以上に物質としての存在になるんですね。インキの厚みや濃度感など色以外の要素がいっぱい見えてきて、その印象が思った以上に強いと感じました。
手描きのパターン(右下)は下に銀がある部分とない部分の差が思いのほか見えてきませんでした。これはたぶんデザインの問題で、絵柄の密度が低かったせいだと思います。彩度も上げて、もう少し絵が見えてくるものに工夫しなければいけませんね。ニスの効果も計算が必要ですね。紙によっても見え方が変わるので、そのあたりも考えてみます」
担当PDのコメント
「ポイントのところは、予想していた以上に見えたという印象。福岡さんの作られた左下のチャートからは、印刷現場の人間にとっても参考となるものが多くあったように思う。我々にとっても改めて勉強できるトライアルとなりそうだ」
次に向けて
「次回は、見せたい部分の差をもっと隠して、“見たい”欲求を誘いだせるように考えてみます」
プロフィール

福岡南央子 Fukuoka Naoko
福岡南央子
Fukuoka Naoko

アートディレクター
1976年神戸市生まれ。98年金沢美術工芸大学視覚デザイン科卒業。FLAPPER STUDIO、Glanzを経て、2003年株式会社ドラフト入社。主な仕事に、キリンビバレッジ「世界のKitchenから」、光文社PR誌「本が好き!」など。08年JAGDA新人賞・パッケージ賞、東京ADC賞、09年日本パッケージデザイン大賞金賞受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.