TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.トライアル2-菊地敦己
トライアル2
性質の異なるインキのオーバーラップによる効果を確かめる
「違う質感をもったインキを重ねたときにどんな効果が出てくるかを実験します。印刷の現場では、技術の発達とともに大量生産が可能となり、それに合わせてインキの適性も進歩して、格段にエラーがなくなっています。それはそれでいいことなのですが、僕は出来上がりの偶然性を一つの表現の中に取り入れてみたいと考えていて、そのひとつとして変な混ぜ方をしたインキで起こり得る必然的な偶然を狙います。粉っぽいオペークホワイトや蛍光インキなどを掛け合わせて、トラッピングエラーのような効果、あるいは物理感を出せる組み合わせを探します」
原稿
レイアウトデータ
【分版】
特色ホワイト版1 蛍光オレンジ版 マットスミ版
※特色ホワイト版1、2に関してはスミで表現してあります。
※実際の刷り色とは異なります。
シアン版 特色ホワイト版2
用紙/インキ
用紙はニュートラルに近い白い紙3種に絞り込んだ。
インキは前回のトライアル結果をもとに調合したホワイト、蛍光インキ、マットスミなど性質の異なるインキを中心に用意した。
用紙
ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/コンケラーCX22(厚口、薄口の2種)
インキ
特色ホワイトA(オペークホワイト※と透かしインキを8対2の割合で調合)/
特色ホワイトB(オペークホワイト※と透かしインキを5対5の割合で調合)/
蛍光オレンジ/マットスミ/シアン(PANTONEプロセスシアン)
※オペークホワイトには36群青と83紫を微量混入
製版/校正刷り
すべてベタ100%。
版の構成/刷り順
特色ホワイト(AまたはB)→蛍光オレンジ→マットスミ→シアン
→特色ホワイト(AまたはB)
刷り上がり
特色ホワイトAを使用したもの。
用紙:コンケラー(薄口)
【ディテール】
[特色ホワイトAを使用したもの] [特色ホワイトBを使用したもの]
トライアルを終えて
菊地氏のコメント
「できあがりにどんな偶然が起こってくるかが狙いですから、全部アリで、なかなか面白い結果が出たと思います。インキの紙への浸透具合の差や、はじき方がこういう表現を生んだわけで、たぶんこれを見て『なんなのかな?』と思えるようなものになったような気がします。透かしインキとオペークホワイトの関係がヘンな効果を生んでいたり、インキがついた縁の部分に溜りが出来ていたり、なかなかいい感じです」
担当PDのコメント
「私たちは普段、経験をもとに『こうすればこうなるはず』と予想を積み重ねながら、極力エラーがないように印刷に取り組んでいる。ところが今回の菊地さんのトライアルは『まったく予想のつかない、失敗する可能性もある』手法を試している。まるで理科の実験をしているよう。どんな結果が出るのかな? と、私も現場もワクワクドキドキ。従来の方法に囚われない印刷表現の可能性を考えさせられ、また原材料や道具などの基本にたち還る良いチャンスになっている」
次に向けて
後はどうやって版をつくるかですね。次はいよいよ当初からやってみたかった実験『ハンド・トゥ・プレート』をしたいと思います。PS版に直接描いたりはがしたりして、それを使って印刷すると果たしてどうなるのか…?
プロフィール

菊地敦己 Kikuchi Atsuki
菊地敦己
Kikuchi Atsuki

アートディレクター
1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。95年在学中にデザインの仕事を始め、97〜98年「スタジオ食堂」のプロデューサーとして現代美術のオルタナティブ・スペースの運営、展覧会企画などを手掛ける。2000年デザインファーム「ブルーマーク」を設立。主な仕事に、青森県立美術館のVI計画、横浜トリエンナーレ2008のVI計画、ミナペルホネン、サリースコットのブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』のアートディレクションなど。JAGDA新人賞、東京ADC賞、ニューヨークTDC賞など受賞。著書に『PLAY』、『家紋帳』など。東北芸術工科大学客員教授。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.