TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.トライアル1-菊地敦己
トライアル1
マットなホワイトをつくる
「まずは白さとマット感に挑戦します。前々から紙地よりもさらに奥にあるような空間性をつくりたくて、マットな白インキが欲しいといつも思っていました。普段から白を空間として絵柄をつくっているので、今回はぜひ白インキにこだわってみたいと考えたんです。
実用で使えるようなインキが開発できたらいいなと思い、オペークホワイトをベースに、より白さとマット感を出すためにいくつか組み合わせました。Yシャツの白のように蛍光色が入っているようなものや、より真っ白に見えるように青や紫をほんのちょっと加えたものなどです。そのほか、インキ中の成分が紙の繊維層に浸透する透かしインキや、パールメジウムのようにインキの被膜に顔料が浮いて粉っぽくなりそうなものも試すことにしました。さらにそれぞれにマットニスをかけたらどうなるかも実験して、見たことのないようなマットな白を目指します」
原稿
チャートタイプのレイアウトデータ。(左図はA〜D)
画像内シアン部分(4ヶ所)にそれぞれ異なるホワイトインキを刷り、マゼンタ部分にマットニスをベタで刷り重ねる。
※同様の版でさらに4種類のホワイトを加え、合計8種類のホワイトインキを試した。
※左図は実際の版のデータとは異なります。
用紙/インキ
用紙はニュートラルに近い白い紙と蛍光剤を多く含んでいるような用紙、塗工の強い紙の3タイプ、計7種を選択。
インキはオペークホワイトを中心に、透かしインキやパールメジウムを調合したものや、蛍光色を少量混ぜたものを用意した。
用紙
ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/GAスピリット/インバーコートG-FS/コンケラーCX22(ダイヤモンドホワイト)/色上質(白)/ホワイトエクセルケント/北雪
インキ
A:オペークホワイト
B:オペークホワイト+群青(微量)+紫(微量)
C:オペークホワイト+パールメジウム+マットニス+群青(微量)+紫(微量)
D:透かしインキ+オペークホワイト+群青(微量)+紫(微量)
E:TKハイユニティSOY白
F:オペークホワイト+パールメジウム+群青(微量)+紫(微量)
G:オペークホワイト+蛍光グリーン(微量)
H:透かしインキ+群青(微量)+紫(微量)
マットニス
製版/校正刷り
線数は175線。
版の構成/刷り順
特色ホワイト(A〜H)→マットニス
刷り上がり
A〜Dのパターン。
全体的に白くわかりにくいが、近づいてよく見ると、それぞれ色合いと質感が異なっている。
用紙:ルミネッセンス(マキシマムホワイト)
【ディテール】
A:オペークホワイト
D:透かしインキ+オペークホワイト+群青(微量)+紫(微量)
E:TKハイユニティSOY白
H:透かしインキ+群青(微量)+紫(微量)
トライアルを終えて
菊地氏のコメント
「視認しにくいほどに微妙な実験でしたが、僕としては“なかなかいいな”と思っています。というのも、紙地の白と上に乗るインキの白で奥行きを出すためには白を刷ったことに気づかれない程度のものがベストなので。用紙としてはニュートラルな白い紙・ルミネッセンスやコンケラーなどで、インキの組み合わせは透かしインキとオペークホワイトを混ぜたものがいいですね。透かしインキは塗工紙など紙によっては浸透しにくいので意外とムラが出るようです。もしかしたら均質に刷り上がるというオフセット印刷の裏をかくような表現も可能かもしれませんね」
担当PDのコメント
「現実問題として、菊地さんのリクエストに応えられるような油性インキはなかなかない。イメージとしてはわかるものの、蛍光の青もマットな白も存在していないのが現状で、核心に触れる調合や原材料を見つけることが最初のハードルになりそうだ。一方で透かしインキの使い方など、意外な効果を発見できた部分も多々あった。今回は素材と真正面から向き合うトライアルになりそうな予感がする」
次に向けて
「次は、ここにマットのスミや蛍光インキを乗せてみたときのオーバーラップ効果を見てみたいと思います」
プロフィール

菊地敦己 Kikuchi Atsuki
菊地敦己
Kikuchi Atsuki

アートディレクター
1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。95年在学中にデザインの仕事を始め、97〜98年「スタジオ食堂」のプロデューサーとして現代美術のオルタナティブ・スペースの運営、展覧会企画などを手掛ける。2000年デザインファーム「ブルーマーク」を設立。主な仕事に、青森県立美術館のVI計画、横浜トリエンナーレ2008のVI計画、ミナペルホネン、サリースコットのブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』のアートディレクションなど。JAGDA新人賞、東京ADC賞、ニューヨークTDC賞など受賞。著書に『PLAY』、『家紋帳』など。東北芸術工科大学客員教授。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.