TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 4.トライアル3-新村則人
トライアル3
パールと銀でウロコらしさをつくる
「どうやら“不透明な輝き”はパールメジウムを上手に使うことで出来そうなことがわかってきました。そこでどんなグラデーションで重ねたらより効果的に出来るか、パールメジウムの回数とグラデーションのバリエーションを実験します。その中から効果的な組み合わせを選んでお腹の白い部分、背の濃い部分などのウロコの集合体をつくってみました。鯉のぼりも部位によってウロコの色が違うので、どれをどう使えばいいか試していきたいと思います。もうそろそろ最終形をつくる時期なので、紙も色も絞って実験していくことにします」
原稿
濃さの異なるグレーのウロコパターン4 種。
また、これらのウロコを並べたものも2 種作成した。
用紙/インキ
用紙は、これまでの実験で重ねたパールやグロスニスの効果が一番出ている1種に決定。
インキはベースの色にプロセスインキのシアンとスミを、ウロコの輝きとしてパールメジウム、銀、金、グロスニスを使用。
用紙
ヴァンヌーボV(ホワイト)
インキ
シアン/スミ/パールメジウム/銀/金/グロスニス
製版/校正刷り
線数は175線。通常のプロセス2色でウロコの色調を4種作成。そこにパールメジウムとグロスニス、銀または金を重ねていく。パールメジウムは外縁に向けて薄くなるものと濃くなるものなど、グラデーションの幅違いで計10パターン。グロスニスと銀、金のグラデーションは各1パターン。また、パールメジウムの刷り回数は3回と5回の2タイプを試した。
【パールメジウムのグラデーションパターン】
A B C D E
F G H I J
版の構成/刷り順
スミ→シアン→パールメジウム(3回または5回)→銀または金→グロスニス
刷り上がり
【単体のウロコ】
用紙:ヴァンヌーボV(ホワイト)
【ディテール】
スミ→シアン→パールメジウム(A〜E/5回刷り)→銀→グロスニス
パールメジウムをウロコの中心が濃くなるグラデーションで5回刷り重ねたもの。

※()内はグラデーションパターン参照
スミ→シアン→パールメジウム(F〜J/5回刷り)→銀→グロスニス
パールメジウムをウロコの外側が濃くなるグラデーションで5回刷り重ねたもの。ウロコの色は上画像(ディテール1枚目)と同じだが、パールメジウムの刷り方を逆にしたことにより、違った表情を見せている。
スミ→シアン→パールメジウム(F〜J/5回刷り)→銀→グロスニス
ディテール1枚目画像とウロコの色違い。
【集合体のウロコ】
用紙:ヴァンヌーボV(ホワイト)
【ディテール】
スミ→シアン→パールメジウム(F〜J/5回刷り)→銀→グロスニス
スミ→シアン→パールメジウム(F〜J/5回刷り)→金→グロスニス
上画像の銀を金にしたもの。
トライアルを終えて
新村氏(左)とPD 尾河氏(右)
新村氏のコメント
「パールを刷る回数でも違うし、グラデーションのパターンでも変わってくるし、金と銀でもまた微妙に変化するし…。どれをどう使うか迷ってしまいましたが、一番効果が感じられた組み合わせで集合体まで進めてみました。並べてみたら、驚いたことに効果がすごく出たんです。こうやって刷り上がりを見ていると、どんなインキを使ったのかわからないですね。面白いなあ。金と銀を使うというアイデアはプリンティングディレクター(PD)の尾河さんから提案していただきました。こういう予想外の発見ができるのも、グラフィックトライアルのいいところだなあ、と実感しています」
担当PDのコメント
「パールを5回もするなんてムダだ! と言われそうだが、それが実は肝となった。グラデーションの幅や緩急の差をうまく使うことで、単に同じものを重ねるよりもメリハリのある変化を導き出せた。さらにこのパールメジウムのベースがあることで金、銀、グロスニスが一層映える。紙もインキの効果を最も引き出せるものに落着した。ようやく全体像の一部が見えた、というところ。1匹の魚になったときに、今までのどんな変化を盛り込んでいけるか。一つの絵なのにさまざまな表情を見せるものになったら素敵だなと思う」
次に向けて
「ウロコの検証はほぼ完了というところでしょうか。次は背びれや尻尾の処理をどうするか、目玉をどうするか、背景をどうするか…。基本的にはウロコの実験で発見した効果をうまく使って工夫するつもりです。そこで最後にもう一回、主なパーツの実験を完成ポスターと同じ大きさでやってみたいと思います」
プロフィール

新村則人 Shinmura Norito
新村則人
Shinmura Norito

アートディレクター
1960年山口県生まれ。大阪デザイナー学院卒業。松永真デザイン事務所、I&S/BBDOを経て、95年新村デザイン事務所設立。主な仕事に、資生堂の化粧品「ZEN」「エリクシール」「ディシラ」や良品計画「無印良品キャンプ場」、日本マクドナルド、エスエス製薬、角川書店など。毎日広告デザイン賞最高賞、環境広告賞大賞、JAGDA新人賞、NY ADC銀賞、ブルノグラフィックデザイン国際ビエンナーレ金賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ銀賞、ラハティポスタービエンナーレ特別賞、東京ADC賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.