TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.トライアル1-新村則人
トライアル1
キラキラしたウロコをつくる
「ウロコの一片を取り出して実験します。パールやニスをうまく利用しながら、どうやったらキラキラ光るのか挑戦してみたいと思います。でも光るだけじゃなくて、みずみずしい感じもほしいですよね。ウロコですから。難しいこと言っているのかもしれませんが……。でもやってみたいんですよ、ぜひ!
UVインキやシルクスクリーンならできそうですが、それをオフセットの油性インキでできるかどうか……。ちょっと錦絵の鯉のぼりのようなイメージも考えているので、写真素材は使わずに、寒色系と暖色系のグラデーションで試してみようと思います」
原稿
赤、黄、青、グレー4種類のグラデーションパターン。(左は赤のグラデーション)
それぞれの色でベースとなる4つのウロコがあり、この上に回数を変えてパールメジウムを刷り重ねる。
用紙/インキ
インキののりが良く、比較的グロス感の出るラフグロス系の紙のほか、紙自身にキラキラ感のあるものやツヤのあるものなど、ウロコのような風合いのあるものも含め8種を選択。
インキは、ベースの色を再現するプロセス4色と、輝きを表現するパールメジウムを使用した。
用紙
ヴァンヌーボV(スノーホワイト)/ヴァンヌーボV(ホワイト)/きらびき(白)/シャインフェイス(シルバー)/キュリアスIRポップセット(ホワイト)/エスプリコートFP/シェルルック(ツインスノー)/NEW特レーブル輝き(アクアブルー)
インキ
プロセス4色/パールメジウム
製版/校正刷り
線数は175線。4個1セットになっている絵柄をCMYKで刷り、その上に刷り回数を変えてパールメジウムを刷り重ね、それぞれの色とパールの効果を検証した。
版の構成/刷り順
K→C→M→Y→パールメジウム(1、2、3、5回刷りの4パターン)
刷り上がり
用紙:ヴァンヌーボV(ホワイト)
【ディテール】※左列がパールメジウム1回刷り、右列がパールメジウム5回刷り
用紙:ヴァンヌーボV(ホワイト)
用紙:きらびき(白)
用紙:エスプリコートFP
トライアルを終えて
新村氏のコメント
「もっとキラキラするかな〜、と思っていたのに……。パールは刷れば刷るほどキラキラするかと思ったら、どんどん透明感が落ちていくなんてちょっとビックリだなあ。かえって紙地のほうがキラキラしているものもあるくらいですからね。
でも、逆に発想を転換すれば、紙地を生かして背景をマットに抑え込むという方法もありますね。それから入稿時にプリンティングディレクターが言っていたように、パールもベタでなくグラデーションにするのもアリかもしれませんね。たとえばウロコの外輪のほうはあまりパールをかけずに透明感を出して、中心部分はちょっとヌメッとするような不透明な感じをパールで出すとかいうのもいいかもしれない。銀や金も面白いですね。効果的に使えるかもしれませんね。この独特のパールの不透明さを使うことを活かして、ニスや銀、金などで質感を加えることを考えてみます」
担当PDのコメント
「今回の結果を踏まえ、今後のトライアルでは、銀とパールと光沢ニスのグラデーションをうまく使いこなせば面白い表現が生まれる可能性を感じる。同時に、偏光インキなどもいろいろ提案してみたい。ちなみに、印刷用のパールは元来、魚のウロコを擂り潰したものだったらしい。もちろん現在はウロコを使わず、科学的に生成されている」
次に向けて
「次回は、さらに輝きの検証をしたいと思います。いちばんキラキラしにくかった赤いウロコでグラデーション表現を試してみます」
プロフィール

新村則人 Shinmura Norito
新村則人
Shinmura Norito

アートディレクター
1960年山口県生まれ。大阪デザイナー学院卒業。松永真デザイン事務所、I&S/BBDOを経て、95年新村デザイン事務所設立。主な仕事に、資生堂の化粧品「ZEN」「エリクシール」「ディシラ」や良品計画「無印良品キャンプ場」、日本マクドナルド、エスエス製薬、角川書店など。毎日広告デザイン賞最高賞、環境広告賞大賞、JAGDA新人賞、NY ADC銀賞、ブルノグラフィックデザイン国際ビエンナーレ金賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ銀賞、ラハティポスタービエンナーレ特別賞、東京ADC賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.