TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 4.トライアル3-八木克人
トライアル3
質感のクリスタル
「前回までに得た成果をベースに、最終作品に向けてそれぞれの質感をどうクリスタライズ(結晶化)していくか検証していきます。物体として確固たる存在感のある『岩』と『木』のような物性の強い素材の場合と、『水』と『空』のように透明感や空気感を表現したい素材の場合と、大きく2つの『クリスタライズ手法』を探します。まずは画像を組み合わせて結晶体のような形状にコラージュしたものを使いながら、本物の結晶体のように立体物に見えるよう、製版技術を駆使しながらトライアルすることにしました」
「岩」のトライアル
原稿
様々な「岩」の質感を撮った5種の写真を、ひと塊の結晶体の形状にコラージュした。トライアル1で使用した画像データに加え、新しい画像データも使用している。
用紙/インキ
用紙は、再現性と質感表現のバランスを見極めるために3種で出校。
インキは透明インキと不透明インキが交互の階層構造になるように使用した。
用紙
OKトリニティNavi/ヴァンヌーボ スムース-FS/ヴァンヌーボVG(スノーホワイト)
インキ
プロセス4色/銀/淡金(中金+パールメジウム)/白(オペークホワイト+パールメジウム少々)/特色スミ(ネイビー系)
製版/校正刷り
175線。
先刷りの銀版でライトから中間にかけての金属質の輝きのベースを作成。4色調子版を入れた後にモチーフになる岩ごとに使い方を変えた淡金版を入れ不透明インキで透明インキをサンドする形で岩の質感の階層構造を表現。淡金によって抑えられた調子版を特色版と白版で補正しつつ岩の厚みを出した。
版の構成
銀→K→C→M→Y→淡金→特色スミ→白
刷り上がり
用紙:ヴァンヌーボ スムース-FS

1枚の連続した写真も明度差でリアルな立体感が出た

下地の銀と表面の金が4色では出せない重厚感を生み出している

パール調の白が硬質な輝きを演出する
「水」のトライアル
原稿
様々な「水」の質感を撮った4種の写真を、ひと塊の結晶体の形状にコラージュした。トライアル1で使用した画像データに加え、新しい画像データも使用している。
用紙/インキ
用紙は再現性と質感表現のバランスを見極めるために3種で出校。
インキはブルー系、グリーン系各3色を使用した。
用紙
OKトリニティNavi/ヴァンヌーボ スムース-FS/ヴァンヌーボVG(スノーホワイト)
インキ
特色青1/特色青2/特色青3/特色緑1/特色緑2/特色緑3
※それぞれ濃度調整に超光沢メジウムを使用した。
色玉
特色緑3(一番右)は、色の浅い部分にも光沢を出すためのもの。限界までメジウムで希釈している
製版/校正刷り
製版はフェアドットを使用、ブルー系のトリプルトーンとグリーン系のトリプルトーンの、ダブルトリプルトーンで構成している。ブルー系は明度を軸とした通常のトリプルトーンに沿った分解だが、グリーン系は色相から組み立てたトリプルトーンになっており、通常のシメ版に相当する版には黄を強くしたものを使用している。また、ブルー系にはグリーン版が、グリーン系にはブルー版が、調子版のような役割も果たしている。
※フェアドット… FMスクリーンとAMスクリーンの長所を生かしたハイブリッドスクリーンで、画像の濃淡によって網点を使い分け、絵柄のあらゆる部分で最適な表現が可能。
版の構成
特色青1→特色青2→特色青3→特色緑1→特色緑2→特色緑3
刷り上がり
用紙:OKトリニティNavi

ブルーとグリーンそれぞれの版が微妙に混在しているのがわかる

色の浅い部分にはネガ版に近い調子版で超淡色をのせている

結晶体の重なった部分には色を混在させて透明感を演出した
トライアルを終えて
八木氏のコメント
「今回、一番の課題となったのは立体感の創出でした。僕のテーマ『質感のクリスタライズ(結晶化)』を実現するためには、多彩な質感を一つの物質のように見せることが肝要です。当初は結晶体の面ごとに違う画像を合成していたのですが、PDの方々と話し合った結果、最終的には写真点数を絞り込んでコラージュしたものに明度差で立体感をつけるデザイン設計で組み立てることにしたのです。これが結果として大いに効を奏しました。大きな面で一つひとつの質感をより明確に表現できたし、立体感も十分に創出できました。写真の解像度も製版の工夫もあって、問題ありませんでしたね。『水』の透明感も、『岩』の質感も十分にでてきたし、これでゴールが見えてきました」

考えていた以上に効果的に立体化することができた。現段階では質感表現中心に製版設計しているため、まだ若干立体としての表現が弱い部分がある。「岩」のシャープなハイライト部分や陰影などの表現、水の色調のバランスやきらめきなど、もっと追求できる部分はたくさんありそうだ。基本は押さえられたので、ここからはディテールを一つひとつクリエーターとチェックしながら、詰めの作業に入っていくことになる。

本番に向けて
「あと2種類の質感を結晶体に組み立てるのが最初の仕事。さらにそれぞれのディテールをさらに精査しながら、ポスターとしての完成度を高めていきます。問題は5枚目の作品かな。4つの質感が混在したとき、各表現がどこまでできるか。最後まで課題はたくさんありそうですね」
プロフィール

八木克人 Yagi Katsuhito
八木克人
Yagi Katsuhito

アートディレクター
1971年東京都生まれ。99年東京藝術大学大学院美術学部修士課程修了後、凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンタークリエイティブ本部に在籍。出版分野を主体に雑誌、カタログ、カレンダー、ポスターなどのクリエイティブディレクションを手がける他、旅を通してランドスケープの写真を撮り続ける。自らの写真を素材とした映像作品や、絵画、音楽等他ジャンルのアーティストとのコラボレーション作品など、写真という枠にとらわれない制作活動も行っている。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.