TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 6.仕上がり-植原亮輔
完成ポスター

色とパターンがつくりだす不思議な視覚効果

インキやニスの微妙な性質とパターンがつくりだす
ディテールに満ちた質感の世界。
立つ位置で、眺める角度で多様に変化する質感で、
見るひとを飽きさせないグラフィックに仕上がった。
プロフィール

植原亮輔 Uehara Ryosuke
植原亮輔
Uehara Ryosuke

アートディレクター
1972年北海道生まれ。ドラフト/D-BROS所属。フラワーベース「Hope forever blossoming」、架空のホテルから生まれるプロダクト「ホテルバタフライ」などの商品企画・デザインを手がける。主なグラフィックの仕事に、パナソニック電工バスプロジェクト「i-X」、THEATRE PRODUCTS、THEATRE MUSICA、ワコール「une nana cool」「LuncH」等。また、渡邊良重氏とともに、ショートフィルム「欲望の茶色い塊」(21_21 DESIGN SIGHT・チョコレート展/2007年)の制作や、個展「時間の標本」(AMPG/2008年)開催。JAGDA新人賞、東京ADC賞、NY ADC賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ銀賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.