TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.トライアル2-米津真理
トライアル2
ひとつの原稿から多彩な質感を
「今回は、ひとつの原稿だけを使って、多彩な質感の表現に挑戦してみたいと思います。製版とインキ、紙の掛け合わせで、どのくらいバリエーションが出せるのでしょうか。紙は白、黒、シルバー。プリンティングディレクターの方に思いつく限りの表現方法を考えてもらいます。製版でもネガ・ポジの版を原稿にとらわれずに自在に使ってもらうことにしました」
“ぼこぼこ”“ぶくぶく”のトライアル
原稿
ドローイング(素材:和紙に墨混入のシャボン液)
※他のトライアルも共通の原稿を使用
用紙/インキ
白系、シャイン系、メタル系、黒系の4種類の紙を選択。
用紙
a(白系) ヴァンヌーボV(ホワイト)/特菱アート両面
b(シャイン系) ペルーラ・ラスター
c(メタル系) オフメタル(銀)
d(黒系) ルミナカード(黒)
インキ
a 銀/スミ/特色マットスミ/パールニス/マットニス
b, c, d 銀/スミ/特色マット墨/ホワイト/パールニス/マットニス
製版/校正刷り
原稿よりも中間からシャドウ部をプラスし、立体感や質感を強調したトリプルトーンに。モチーフのライト部だけのパールニス調子版を作成した。
版の構成/刷り順
a 銀→スミ→特色マット墨→パールニス→マットニス
b, c, d 銀→スミ→特色マット墨→ホワイト→パールニス→マットニス
刷り上がり
a.用紙:特菱アート両面
a.のディテール
c.用紙:オフメタル(銀)
c.のディテール
d.用紙:ルミナカード(黒)
d.のディテール
“きらきら”“ぎらぎら”のトライアル
用紙/インキ
白系、シャイン系、メタル系、黒系の4種類の紙を選択。
用紙
白系 ヴァンヌーボV(ホワイト)/特菱アート両面
シャイン系 ペルーラ・ラスター
メタル系 オフメタル(銀)
黒系 ルミナカード(黒)
インキ
銀/スミ/マットニス
製版/校正刷り
原稿をネガで入力。基本の設計は調子と立体感を強調したネガ版のトリプルトーンに。ハイライト部だけにマットニス版を使用。テストとして上下2分割して、上段は“きらきら”感をより強調した表現をねらった。
版の構成/刷り順
銀→スミ→スミ(シメ版)→スミ(シメ版)→マットニス
刷り上がり
a.用紙:特菱アート両面
a.のディテール
c.用紙:オフメタル(銀)
c.のディテール
d.用紙:ルミナカード(黒)
d.のディテール
“ぷくぷく”“ぱしゃぱしゃ”のトライアル
用紙/インキ
白系、シャイン系、メタル系、黒系の4種類の紙を選択。
用紙
白系 ヴァンヌーボV(ホワイト)/特菱アート両面
シャイン系 ペルーラ・ラスター
メタル系 オフメタル(銀)
黒系 ルミナカード(黒)
インキ
特色グレー(薄色/ホワイト+銀)/特色銀(銀+スミ)/特色グレー(濃色/スミ+銀)/ホワイト
製版/校正刷り
トリプルトーンで製版し、銀とグレーを使用して淡い世界をめざした。背景と絵柄の差を出すために、背景部分をベタにして、原稿のシャドウ部には紙地を生かした。ホワイト版は背景をネガ反転したもので、より白くするために2度刷りしている。
版の構成/刷り順
特色グレー(薄色)→特色銀→特色グレー(濃色)→ホワイト→ホワイト
刷り上がり
a.用紙:特菱アート両面
a.のディテール
c.用紙:オフメタル(銀)
c.のディテール
d.用紙:ルミナカード(黒)
d.のディテール
“すけすけ”のトライアル
用紙/インキ
透かし効果を狙った薄い紙を選択。
用紙
ハイパーピレーヌタフ
インキ
透かしインキ/スミ
製版/校正刷り
立体感を強調したダブルトーンで製版し、透かしインキで各版4度刷りをした。また原稿のシャドウ部のみを抽出した版を左右反転して裏面からスミで印刷した。
版の構成/刷り順
透かしインキ→透かしインキ→透かしインキ→透かしインキ→スミ(裏面)
刷り上がり
ディテール
“かさかさ”“がさがさ”“ふわふわ”のトライアル
用紙/インキ
ザラついた質感の紙を加えた白系のほか、シャイン系、黒系の紙を選択。
用紙
白系 ヴァンヌーボV(ホワイト)/特菱アート両面/わたがみ
シャイン系 ペルーラ・ラスター
黒系 ルミナカラー(黒)
インキ
特色グレー(ごく淡色)/特色グレー(淡色)
製版/校正刷り
若干ボリューム感をアップしたダブルトーンで製版。画面を4分割し、それぞれに異なった粒子感をプラスしザラついた質感をテストした。
版の構成/刷り順
特色グレー(ごく淡色)→特色グレー(淡色)
刷り上がり
b.用紙:特菱アート両面
b.のディテール
トライアルを終えて
米津氏のコメント
「製版の技術と紙の種類だけでこんなにバリエーションがつくれるんですね。1枚の原稿だったのに、印刷表現を加えるとこれだけ世界が広がるんだな、と実感しました。また、プリンティングディレクターや製版担当者の創造力や技術に感心しました。ひとつひとつが絵としてとても面白いものに仕上がったと思います。完成品はもちろんですが、印刷のプロセスで生まれた分版の中にも思わぬ効果が見出せたものもありました。つくりこんでいったものももちろんいいけれど、シンプルな版で効果的なものもいいですね」
とても繊細な絵柄だったので、基本的に製版では立体感とボリュームが出るように心がけた。ニス類は背景から絵柄を際立たせたり、特に強調したいハイライトなど、部分使いに徹した。やっぱり予想通りにはいかないな、というのが本音。ぴたっとはまるものもあれば、まったく違う結果になるものもある。意外だったのが印刷の途中で抜き出した分版の中に、副産物として面白いものがたくさん発見できたこと。このあたりもうまく最終作品に繋がるのではないか。
次に向けて
「今度はこの中から5枚のポスターにまとめた時に際立った質感表現ができるもの、また、ひとつの絵として見応えのあるものを選んでいって、最終の作品を考えていきたいと思います」
プロフィール

米津真理 Yonetsu Mari
米津真理
Yonetsu Mari

アートディレクター
京都府生まれ。
京都市立芸術大学美術学部版画専攻卒業、同大学大学院美術研究科絵画専攻修了後、凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンターに在籍。コーポレートコミュニケーション領域で、特に企業が発行するカレンダーのアートディレクション/クリエイティブディレクションを入社以来一貫して手がける。主な仕事に、株式会社ユニオンカレンダー、株式会社イシダカレンダーなど。ドイツ国際カレンダー展銅賞、全国カレンダー展日本製紙連合会賞、日本印刷産業連合会会長賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.