TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.トライアル1-米津真理
トライアル1
いろんな感触を印刷でつくりだす
「まずは実験の前段階として“どんな種類の感触が表現できるか”、“どんなことができるか”を探ってみることにしました。原稿は“ふわふわ”“どろどろ”“すけすけ”などのイメージで描き起こしたドローイング。パステルやシャボン玉を使ったオートマチックな技法を主に制作した素材と、ポジ原稿を使い、製版や用紙・インキの設計などでどこまでリアルな感触を与えられるかトライします」
“ふわふわ”“がさがさ”“もわっと”のトライアル
原稿
左より【1】・【3】
左より【1】・【2】
ドローイング(素材:荒目水彩紙に1色のパステル)3点のうち、【1】と【3】、【1】と【2】を組み合わせてa、bの2種類を制作する。
用紙/インキ
表現したいイメージに合わせた風合いのある紙や不織布に加え、比較的プレーンな紙も選択。
用紙
a:ハイパーピレーヌタフ/新鳥の子(白)/MBSテック(白)
b:新鳥の子(白)
インキ
a:特色グレー2種/特色スミ/スミ
b:特色グレー4種
製版/校正刷り
a: 2種類の原稿(【1】・【3】)を使用。【1】をトリプルトーンで製版。【3】はシメ版として使用し、こちらは黒いタッチを強調するために硬めに製版した。
b: 2種類の原稿(【1】・【2】)をネガ版にし、それぞれスクリーン角度の異なる2版を制作。計4版。インキはごく薄いグレーを4種類使用。
版の構成/刷り順
a: 特色グレー→特色グレー→スミ→特色スミ
b: 特色グレー→特色グレー→特色グレー→特色グレー
刷り上がり
a.用紙:新鳥の子(白)
a.のディテール
b.用紙:新鳥の子(白)
b.のディテール
“ねっとり”“とろとろ”“どろどろ”のトライアル
原稿
1点のポジ原稿(イチゴジャムの写真)から製版とインキの組み合わせで4種類を制作。
用紙/インキ
ツヤのある黒い紙にスミ、グレー、ニスを使用し微妙な調子の変化を狙った。
用紙
ルミナカード(黒)
インキ
特色スミ/特色グレー/グロスニス
製版/校正刷り
原稿をネガ版にしてトリプルトーンで製版。特色グレーと同じ版をグロスニス版としても使用。
版の構成/刷り順
特色スミ→特色グレー→グロスニス
刷り上がり
用紙:ルミナカード(黒)
スミやグレーが刷られた部分は明るくなり、グロスニスが刷られた部分はより黒くなった。
“すけすけ”のトライアル
原稿
左より【4】・【5】
ドローイング(素材:和紙に墨混入のシャボン液)2点【4】・【5】を組み合わせてa、b、c、dの4種類を制作する。
用紙/インキ
表現したいイメージに合わせた、透け感のある紙やプレーンな紙を選択。
用紙
a: ハイパーピレーヌタフ/新鳥の子(白)/5リーフ(白)
b: ルーセンスS(白)/ドリープF
c: 5リーフ(白)
d: ルーセンスS(白)/ドリープF
インキ
透かしインキ/スミ/グロスニス
a: 透かしインキ
b: グロスニス
c: 透かしインキ/スミ
d: グロスニス/スミ
製版/校正刷り
a, b:原稿【4】をトリプルトーンで製版。
c, d:原稿【4】を表から、原稿【5】を裏から印刷。
版の構成/刷り順
a: 透かしインキ→透かしインキ→透かしインキ
b: グロスニス→グロスニス→グロスニス
c: 透かしインキ(表から)→スミ(裏から)
d: グロスニス(表から)→スミ(裏から)
刷り上がり
a.用紙:5リーフ(白)
a.のディテール:透かしインキの透けている様子がよくわかる。(背面に黒い紙を敷いて確認)
c.用紙:5リーフ(白)
c.のディテール:透かしインキが染み込んでいる様子がよくわかる。
“ぱしゃぱしゃ”のトライアル
原稿
【5】
ドローイング(素材:和紙に墨混入のシャボン液)1点【5】を使用。
用紙/インキ
はじけるようなキレを表現するため再現性に優れた紙を選択。
用紙
ウルトラサテン金藤
インキ
特色グレー(2種)/ニス
製版/校正刷り
非常に淡い調子で仕上げたダブルトーンの版をベースに、ニス用として調子のある2版を追加。さらに輪郭など強調したい部分だけをクローズアップしたニス用の版を2版制作した。
版の構成/刷り順
特色グレー→特色グレー→グロスニス→グロスニス→グロスニス→グロスニス
刷り上がり
用紙:ウルトラサテン金藤
グロスニスによるツヤと輪郭の強調がはじけるイメージを表現している。
トライアルを終えて
米津氏のコメント
「思いもよらなかった表現や方法がいっぱい出てきて、嬉しい驚きがたくさんありました。黒い紙に黒いインキで刷ったり、原稿をネガ版にして私の意思が弱い部分(余白)を図柄にするなんて全然想像していませんでしたから。自分ひとりで考えたりドローイングをつくったりしている時より、どんどん世界が広がっていった感じです。プリンティングディレクターや製版の方の想像力が加わることで、新しいものがつくりだされていくのは、本当に面白い体験でした。一緒につくりあげているという雰囲気のなか、トライアル2に挑みたいと思います」
「質感をモノトーンの世界で表現したい」という漠然としたオーダーだったため、逆にかなり自由に製版とインキ・用紙の設計を考えてみた。色みは極力抑えながら、スミとグレーの濃淡やニスでの表現を試みている。なかでも印象的だったのは、ふだんは擬似的な透かし模様をつくるための透けるインキ。奥ゆき感など、思わぬ効果が期待できるかもしれない。
次に向けて
「次回はさらに感触表現を追いかけていきます。今度はいろんな可能性を考えながら多くの中から選んだひとつのドローイングを、製版や用紙・インキの設計によってさまざまな感触の世界へと展開していくつもりです」
プロフィール

米津真理 Yonetsu Mari
米津真理
Yonetsu Mari

アートディレクター
京都府生まれ。
京都市立芸術大学美術学部版画専攻卒業、同大学大学院美術研究科絵画専攻修了後、凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンターに在籍。コーポレートコミュニケーション領域で、特に企業が発行するカレンダーのアートディレクション/クリエイティブディレクションを入社以来一貫して手がける。主な仕事に、株式会社ユニオンカレンダー、株式会社イシダカレンダーなど。ドイツ国際カレンダー展銅賞、全国カレンダー展日本製紙連合会賞、日本印刷産業連合会会長賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.