TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 4.トライアル3-永井裕明
トライアル3
活版の線、手描きのパターン、グラフィカルな要素の表現
「トライアル1、2は主に牛島さんの作品の再現に取り組んできましたが、最後にグラフィカルな要素のトライアルをします。印刷博物館にお願いして刷った活版の罫線、タイプライターで打った文字、僕の手描きのタイポグラフィ、証券などに使われる複雑な幾何的なパターンなどを最終作品の実物大で刷ってみます。最終の作品の中に印刷のシズルを詰め込むための、仕上げのトライアルです」
「グラフィカルな要素」のトライアル
原稿
活版による原稿(反射原稿/活版で作成した罫線、活版の罫で作成したパターン、「ク」、「色玉」など)
※原稿のディテール
用紙/インキ
用紙はこれまでのトライアルをもとに最終用紙を決定。
インキは、特色4色と、透かしインキを使用した。
用紙
ヴァンヌーボF(ナチュラル)
インキ
特色スミ/特色赤/特色オレンジ/特色グリーン/透かしインキ
製版/校正刷り
活版原稿は凸撮りしたいという永井氏の意向を受け、凸撮りと同様になるように階調が一切無くなるまで絞り込んで製版。それぞれのパーツを単色分解して指定通りに合成して製版した。
※凸撮り… 2階調のハイコントラストな製版方法。漫画原稿など、線画原稿の取り込みに使われる。
版の構成/刷り順
特色スミ→特色赤→特色オレンジ→特色グリーン→透かしインキ→透かしインキ
刷り上がり
用紙:ヴァンヌーボF(ナチュラル)
ディテール。拡大すると活版特有のシャープな質感がはっきりわかる。
凸撮りではないノーマル製版のディテール。滲んだような階調が出る。
トライアルを終えて
永井氏のコメント
「昔はポピュラーだった凸撮りが、今では使われていないとは。びっくりだなあ。それにしても隔世の感がありますね」
振り返ってみると顔料、箔、和紙、鉛筆、サインペン、コンピュータによるパターン、写真……、と実に多くの再現にチャレンジしてきたと思う。これまでの積み重ねを永井さんがどんな作品にまとめていくのか楽しみだ。
次に向けて
「5枚のポスターが全部そろった時に、印刷の匂いが沸き立ってくるような作品にしようと考えています。ポスターの中には色玉まであるので、ポスターを見ればどんな印刷なのかまで明らかになるような、そんな仕組みも考えているのでお楽しみに」
プロフィール

永井裕明 Nagai Hiroaki
永井裕明
Nagai Hiroaki

アートディレクター
1957年東京都生まれ。
東京都立工芸高等学校デザイン科卒業後、ブレックファーストを経て、88年N.G.設立。主な仕事に、佐川急便CI・グラフィック全般、横浜ゴム「PRGR」「ADVAN」グラフィック広告、和歌山県観光キャンペーン広告、サントリー「山崎」「膳」グラフィック広告、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「Jan Fabre展」「オシャベリ@美術館展」、川村記念美術館「ピカソ展」「パウル・クレー展」など。N.Y.ADC国際展金賞・銀賞、全国カタログ・ポスター展通産大臣賞、JAGDA新人賞、東京ADC賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.