TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 5.入稿へ-廣村正彰
入稿へ
印刷の原点を視覚で捉える
「最終的には手描きのデッサンとデジタル製版の技術とのコラボレーションによって作品に仕上げていこう、と考えました。とにかく体力は使いましたね。ポスターの原稿を1枚つくるのに4人が1日がかりで描きあげています。その苦労の過程は、ポスターの端っこに現れていますので、そんなところから僕らの苦悩を感じていただけたら面白いかもしれません」
原稿と仕様
デッサン用紙にはルーセンスを使用。背景の白の部分は制作中に手がこすれてできた汚れをあえて残し、端にはトンボを手描きで作成している。また、CMYKそれぞれの担当者が、別途それぞれの色玉を作成した。
C(シアン)版用の鉛筆画 M(マゼンタ)版用の鉛筆画
Y(イエロー)版用の鉛筆画 K(スミ)版用の鉛筆画
用紙 : 新鳥の子(白)
インキ : プロセス4色
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y
C(シアン)版用の鉛筆画 M(マゼンタ)版用の鉛筆画
Y(イエロー)版用の鉛筆画 K(スミ)版用の鉛筆画
用紙 : 新鳥の子(白)
インキ : プロセス4色
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y
C(シアン)版用の鉛筆画 M(マゼンタ)版用の鉛筆画
Y(イエロー)版用の鉛筆画 K(スミ)版用の鉛筆画
用紙 : 新鳥の子(白)
インキ : プロセス4色
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y
C(シアン)版用の鉛筆画 M(マゼンタ)版用の鉛筆画
Y(イエロー)版用の鉛筆画 K(スミ)版用の鉛筆画
用紙 : 新鳥の子(白)
インキ : プロセス4色
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y
C(シアン)版用の鉛筆画 M(マゼンタ)版用の鉛筆画
Y(イエロー)版用の鉛筆画 K(スミ)版用の鉛筆画
用紙 : 新鳥の子(白)
インキ : プロセス4色
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y
プロフィール

廣村正彰 Hiromura Masaaki
廣村正彰
Hiromura Masaaki

アートディレクター
1954年愛知県生まれ。
77年田中一光デザイン室入社。88年廣村デザイン事務所設立。主な仕事に、埼玉県立大学サイン計画、竹尾ペーパーショウ企画・構成・AD、公立函館未来大学UI 計画、日本科学未来館CI、CODAN東雲VI計画、北千住丸井サイン計画、日産自動車デザインセンターサイン計画、平城遷都1300年記念事業マーク、竹尾湾岸物流センターサイン計画、横須賀美術館VI計画など。JAGDA新人賞、毎日広告デザイン賞部門賞、N.Y.ADC銀賞、CSデザイン賞金賞、SDA最優秀賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.