TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.入稿へ-服部一成
入稿へ
CMYK4色の線のかけ合わせで
「普通、印刷ではCMYK4色の網点(ドット)の掛け合わせで色や調子を表現します。それが当たり前という感じで普段は仕事をしていますが、もしもドットではなく線だったらどうだろう。線の太さで色調の変化を表現してみたらどうなるだろう。網点の原理はわかっているので、これを線の太さに置き換えても色を表現できるはずだし、線を粗くすれば、線が重なり合う表情が面白い効果になりそうな気がする。そういう大雑把な思いつきから実験を始めてみました。もともと漠然と考えたことは、CMYKの掛け合わせという、今ある印刷の構造そのものを表現テーマに転換できないか、ということでした。いろいろやっては手を加えて、また考えて…そうしてようやく辿り着いたという感じです」
原稿と仕様
イラストレータで作成した旗をモチーフにしたデザイン。何十枚ものバリエーションをつくった中から5枚に絞った(左列)。原稿はデジタルデータ。これらの上にタイポグラフィ(右列)を銀で刷る。
用紙 : ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
インキ : プロセス4色/銀
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y→銀
用紙 : ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
インキ : プロセス4色/銀
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y→銀
用紙 : ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
インキ : プロセス4色/銀
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y→銀
用紙 : ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
インキ : プロセス4色/銀
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y→銀
用紙 : ルミネッセンス(マキシマムホワイト)/ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
インキ : プロセス4色/銀
版の構成/刷り順 : K→C→M→Y→銀
プロフィール

服部一成 Hattori Kazunari
服部一成
Hattori Kazunari

アートディレクター/
グラフィックデザイナー
1964年東京都生まれ。
88年東京芸術大学デザイン科卒業後、ライトパブリシテイ入社。2001年よりフリーランス
主な仕事に、キユーピー「キユーピーハーフ」の広告キャンペーン、「流行通信」誌リニューアル、大塚製薬「ポカリスエット・地球ボトル」パッケージデザイン、旺文社「プチロワイヤル仏和辞典」ブックデザイン、「here and there」誌アートディレクション、東京国立近代美術館「ドイツ写真の現在」展グラフィックデザインなど。
東京ADC賞、東京ADC会員賞、東京TDC会員賞、第6回亀倉雄策賞、原弘賞など受賞多数。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.