TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.トライアル3-澁谷克彦
トライアル3
カラー表現における白の実験
「モノクロ写真の実験結果を踏まえて、今度はカラー表現におけるオペークホワイトの効果を検証してみましょう。目標は『主張する白』。オフセット印刷ならではの滑らかな白なのにメリハリがある、という表現を見つけたいですね」

※モノトーンと同様、カラーバランスを探るため2段階での実験となった。
原稿
渋谷氏が準備したのは、メイキャプした肌の美しさが特徴的な女性の顔のアップ(画像データ)。繊細な肌のキメと質感の再現も大きな課題だ。
ステップ1 〜なめらかな肌の表現をめざして
用紙/インキ
モノトーンと同種の紙を使用。
インキは通常のプロセス4色とオペークホワイトを使用。
用紙
銀竹/NBファイバー
インキ
プロセス4色/オペークホワイト
製版/校正刷り
通常のプロセス4色版のほか、グレースケールに変換した画像をネガ反転したホワイト版と、それをより硬調にしたホワイト版を用意。これらの版の組み合わせと刷り順を変えながら、紙の色を肌色の一部として生かす製版方法を模索した。
版の構成/刷り順
a)K→C→M→Y
b)K→C→M→Y→オペークホワイト
c)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト
d)オペークホワイト→K→C→M→Y
ほか2種
刷り上がり
a)K→C→M→Y(用紙:銀竹 以下同じ) b)K→C→M→Y→オペークホワイト
a)K→C→M→Y(用紙:銀竹 以下同じ) b)K→C→M→Y→オペークホワイト
c)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト d)オペークホワイト→K→C→M→Y
c)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト d)オペークホワイト→K→C→M→Y
ステップ2 〜紙の色とホワイト版を生かした表現をめざして
用紙/インキ
ステップ2では肌色に近い紙1種類に限定した。
用紙
NBファイバー
インキ
プロセス4色/オペークホワイト
製版/校正刷り
ステップ1の結果を受け、紙の色を肌色としてより生かすために、プロセス4版はトーンを下げたものを2種類、ホワイト版はステップ1よりさらに硬調に製版したものを2種類用意して組み合わせた。ホワイト版はプロセス4色の上から刷る手法を追求することにした。
版の構成/刷り順
e)K→C→M→Y
f)K→C→M→Y→オペークホワイト
g)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト
刷り上がり
e)K→C→M→Y(用紙:NBファイバー 以下同じ) f-1)K→C→M→Y→オペークホワイト
e)K→C→M→Y(用紙:NBファイバー 以下同じ) f-1)K→C→M→Y→オペークホワイト
f-2)K→C→M→Y→オペークホワイト(ホワイト版の製版違い) g)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト(f-1とf-2のホワイト版を使用)
f-2)K→C→M→Y→オペークホワイト(ホワイト版の製版違い) g)K→C→M→Y→オペークホワイト→オペークホワイト(f-1とf-2のホワイト版を使用)
トライアルを終えて
澁谷氏のコメント
「オフセット印刷らしい柔らかな白さを白のインキで表現するのは難しいなあ。プロセスインキの透明感がなかなか生かされないですね。でも、この実験では肌の表現を追求しましたけど、モチーフに応じた効果的な白のインキの使い方ってあるんじゃないかな。肌に限らずいろいろなモチーフを題材にして、そのモチーフにあわせて紙を選んで白のインキを使うと面白い表現ができそうですね」
白い紙にプロセス4色で印刷するという手法は、長い印刷技術史の中で先人達が様々な工夫を重ねて導き出した最善の方法論である。したがって、色紙にプロセス4色+ホワイトという組み合わせで、前述の手法以上にリアルで実物に近い再現をするのは不可能に近い。しかし、表現という視点に立つと話は変わる。新しいグラフィック表現の追求がこの企画の主題である。白のインキを使った新しいグラフィック表現にたどり着ける、そんな予感がする。
次に向けて
「いよいよ次は本番です。モチーフの質感を考えながら白を意識したデザインをしていきたいと思います。バリエーション豊かな白の表現をめざしたいですね」
プロフィール

澁谷克彦 Shibuya Katsuhiko
澁谷克彦
Shibuya Katsuhiko

アートディレクター
1957年東京都生まれ。
81年東京芸術大学美術学部卒業後、株式会社資生堂(宣伝部制作部)入社。現在に至る。
主な仕事に、「SHISEIDO THE MAKEUP」「クレ・ド・ポー・ボーテ」「INOUI ID」「ピエヌ」「ZEN」「エリクシール」「スキンケアハウス資生堂」など資生堂の化粧品、企業広告のアートディレクション、その他にアユーラのCIなど。
東京ADC賞、NY ADC特別賞、JAGDA新人賞、東京TDC一般金賞など受賞多数。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.