TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.テスト2-谷口広樹
用紙/インキ

用紙
金紙に印刷したときのビジュアルを確認する
用紙
テストで使った用紙
左より
ハイピカE2F(ゴールド)
オフメタル(金)
インキ
通常のプロセスインキの他にオペークホワイトと金のインキを使用。
製版/校正刷り

製版
Step1.
金色の紙に絵柄を印刷する場合、紙地の影響を少なくするために通常はオペークホワイトで下引きをしてから絵柄を印刷する。今回は、紙地の影響がどのくらいビジュアルに影響を及ぼすかを確認するために、あえてオペークホワイトによる下引きをせずに印刷する。
版の構成
プロセス4色
Step2.
ステップ2では、プロセス4色で印刷したビジュアルの上から金ベタを刷った場合に、金ベタの下の絵柄がどのくらい透けて見えるかを確認することにした。
版の構成
オペークホワイト、プロセス4色、中金
イラストの上から右のパターンを金ベタで刷り重ねる イラストの上から右のパターンを金ベタで刷り重ねる
イラストの上から右のパターンを金ベタで刷り重ねる
校正刷り
Step1.
2種類の金紙にオペークホワイトの下引きをせずにプロセス4色で印刷してみる。
刷り順
K→C→M→Y
Step2.
谷口氏が作成したパターンを金ベタでビジュアルの上から刷ってみる。
刷り順
オペークホワイト→K→C→M→Y→中金
テスト結果
金色の紙に4色で印刷 金色の紙に4色で印刷
金色の紙にオペークホワイト、プロセス4色、中金で印刷。不透明な金のインキでも、下地の絵柄がかすかに透けてみえる 金色の紙にオペークホワイト、プロセス4色、中金で印刷。
不透明な金のインキでも、下地の絵柄がかすかに透けてみえる
谷口氏のコメント
「オペークホワイトを下引きすると金紙の赤っぽさは残るものの、完全に紙地のニュアンスは消えてしまいますね。これはこれで面白いから、紙地を生かす部分と消す部分とを考えて絵をつくらないといけないな。金の特色を絵柄の上からのせても下の絵柄が微妙に透けるのが面白いので、そのあたりもうまく本番に生かしたいですね」
下引きせずに金紙に絵柄を4色で刷るのも、金ベタのパターンを重ねるのも、それぞれ違う金の表現ができるので、「金色だけで表現したい」という谷口氏の意図を実現できそうな光明が見えてきた。ただ、オフメタルもハイピカも非常に乾きにくい紙なので、注意が必要だ。
プロフィール

谷口広樹 Taniguchi Hiroki
谷口広樹
Taniguchi Hiroki

1957年生まれ。
東京藝術大学大学院修了。1985年ビセを設立し現在に至る。絵画、グラフィックデザイン、イラストレーションの他、ジャンルにとらわれない活動を展開。代表的な仕事として、長野オリンピック開会式・閉会式のプログラムやカレンダー、文芸書の装幀がある。日本グラフィック展大賞やJAGDA新人賞など受賞多数。TIS会員及び事務局長、JAGDA会員。東京工芸大学教授。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.