TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 5.仕上がり-田中竜介
完成ポスター
「オフセット印刷による新しい表現の可能性を探っていくにあたり、今まで自分が歩んできた道や方法をもう一度振り返ることで、何か新しい表現が生まれてこないかなと考えました」

「温故知新」の精神でこのトライアルに望んだ田中氏。スクリーン線数を変えたり、網点の角度を操作してみたり、ポスターのビジュアル同様、遊び心あふれる実験的ポスターが完成した。
トライアルを振り返って
「普段はあまり深く考えずにプロセス4色で印刷することが多いですが、そうじゃないやり方もあるんだ、という気付きのきっかけになるようなトライアルになりました。たとえば同じような色を印刷するにしても、4色の掛け合わせは当然ながら、3色で刷ったり特色で刷ることも可能です。また、スクリーン線数や紙のテクスチャーによっても仕上がりは変わります。こうした表現方法の差が一目でわかって、しかも新鮮な気持ちになれるようなことがしたかったんです。そこで、今までやりたいと思っていても実行できなかった線数を粗くしたり、網角を変えたりという実験にチャレンジしました。自分でも想像していなかった表現にたどり着くことができて、とても成果がありました。まだまだやりたいことはあるけれど、自分が思っていたことはしっかり表現できましたので、これでOKです」
プロフィール

田中竜介 Tanaka Ryusuke
田中竜介
Tanaka Ryusuke

1969年兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業後、会社勤務を経て、ニューヨークのSchool of Visual Artsに留学。1997年ドラフト入社。主な仕事に、横浜ゴム「PRGR」、mina perhonen、東芝、ベトナムレストラン「kitchen」がある。2004年東京ADC賞とJAGDA新人賞を受賞。JAGDA会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.