TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.テスト1-田中竜介
用紙/インキ
前回のテストデータを白い紙にプロセス4色で印刷して再現してみる
用紙
NTラシャの質感と近いニュアンスをもちながら、色の再現性が高い紙を選択した。
テストで使った用紙
ヴァンヌーボV(スノーホワイト)
アラベール(スノーホワイト)
インキ
通常のプロセスインキとオペークホワイトを使用。
製版/校正刷り
製版
前回と同じテストデータを使用。ただし今回は、前回のテストで使った色紙の色や質感をプロセス4色で再現しなければならない。紙の風合いを再現するために、色紙をスキャナで入力し、さらに色や階調を微調整した。
版の構成
オペークホワイト、プロセス4色
校正刷り
「NTラシャ(うもれぎ)」の紙色をプロセス4色で再現することが大前提になる。さらに前回のテストでオペークホワイトを刷った部分は紙地が原則だが、各色の発色を比較検証するためにオペークホワイトを同じように印刷した校正刷りも出校した。
刷り順
オペークホワイト→K→C→M→Y
テスト結果
白い紙(上:ヴァンヌーボV/スノーホワイト)と色紙(NTラシャ/うもれぎ)での白の表現ではこれだけの違いがでる
白い紙(上:ヴァンヌーボV/スノーホワイト)と色紙(NTラシャ/うもれぎ)での白の表現ではこれだけの違いがでる 白い紙(上:ヴァンヌーボ/スノーホワイト)と色紙(NTラシャ/うもれぎ)での白の表現ではこれだけの違いがでる
田中氏のコメント
「色紙の表現はかなりのところまで再現できましたね。色刷りの部分も紙の色を計算して加色していただいているし、あとは微調整ですよね。ただ問題は白の表現かなあ。オペークホワイトで充分白さを表現できたと思っていたのに、こうして白い紙と並べてみるとオペークホワイトで印刷した部分はグレーに見えてしまいますね。残念だなあ。今回テストした白い紙は、特に白さが際立ったスノーホワイト系だったので……。次は白い紙の色を慎重に選びながらすすめましょう」
前回のテストで、紙の白さに負けないくらいの白さをオペークホワイトで表現できたと思っていたが、実際に並べて比べるとやはり紙の白さには及ばなかった。その後、書籍用の紙などを丹念に調べると近似値の紙もいくつか見つかったが、ポスターに使うには厚みが足りないなど諸条件が合わなかった。
次回への課題
大きな網点に挑戦
プロフィール

田中竜介 Tanaka Ryusuke
田中竜介
Tanaka Ryusuke

1969年兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業後、会社勤務を経て、ニューヨークのSchool of Visual Artsに留学。1997年ドラフト入社。主な仕事に、横浜ゴム「PRGR」、mina perhonen、東芝、ベトナムレストラン「kitchen」がある。2004年東京ADC賞とJAGDA新人賞を受賞。JAGDA会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.