TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.テスト1-田中竜介
用紙/インキ
色紙にオペークホワイト+プロセス4色で印刷した色調を確認する
用紙
紙の風合いや色合いを基準に田中氏が紙を選択。
用紙
テストで使った用紙
左より
ロベール(ライトグレー)
羊皮紙(きなり)
NTラシャ(鼠)
NTラシャ(ベージュ)
NTラシャ(うもれぎ)
インキ
通常のプロセスインキとオペークホワイトを使用。
製版/校正刷り
製版
テスト用に田中氏から渡されたデータは、白の表現、色の掛け合わせとグラデーション、版数の異なる写真表現、タイポグラフィーなどグラフィックデザインの主要な要素が盛り込まれている。
版の構成
オペークホワイト、プロセス4色
校正刷り
今回のテストで最も重要なポイントは、オペークホワイトで印刷する「白の表現」だ。オペークホワイトによる色紙の色の遮蔽度を確認するとともに、刷り重ねた場合の色調を見極める必要がある。そこでオペークホワイトのみ3度刷りと6度刷りの2種類の校正を作成し、白の表現を比較検討した。
刷り順
オペークホワイト(3度と6度の2種)→K→C→M→Y
テスト結果
NTラシャ(うもれぎ)に印刷(オペークホワイト6度刷り) NTラシャ(うもれぎ)に印刷
(オペークホワイト6度刷り)
オペークホワイトの刷り回数による違い (右:3度刷り、左:6度刷り) オペークホワイトの刷り回数による違い
(右:3度刷り、左:6度刷り)
田中氏のコメント
「こんなにオペークホワイトを重ねて刷っても紙地の色って消えないんですね。でもこれだけ白くなれば充分かな。あとは紙の選択ですね。最終的には僕の好みですよね。あとから2種類追加していただいたので5種類ありますが、風合いもいい感じだし、ビジュアルの再現具合も頃合いなので「NTラシャ(うもれぎ)」にしようと思います。あとは、白い紙に印刷して同じ色調に近づけられるか、ですね」
田中氏の用意周到さと、テストデータのつくり込み具合に驚いたスタッフ一同。完成形を思い描きつつ、その要素をあますところなく組み込んだテストデータが提供された。作業としてはとにかく白の表現を中心に印刷を試みた。かなり白くなったはずなのだが、果たして次回で試す白紙の地色に近づけられるか……。
次回への課題
色紙と白い紙での同一表現
プロフィール

田中竜介 Tanaka Ryusuke
田中竜介
Tanaka Ryusuke

1969年兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業後、会社勤務を経て、ニューヨークのSchool of Visual Artsに留学。1997年ドラフト入社。主な仕事に、横浜ゴム「PRGR」、mina perhonen、東芝、ベトナムレストラン「kitchen」がある。2004年東京ADC賞とJAGDA新人賞を受賞。JAGDA会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.