TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.テスト2-鈴木守
用紙/インキ

用紙
前回テストの結果、用紙を3種に絞り込んだ。
テストで使った用紙
シェレナ(ネージュ)
ニュー特レーブル輝き(シルバー)
新局紙
インキ
インキは通常のプロセスインキを使用。
前回テストで効果が感じられなかったニスは使用しないことにした。
製版/校正刷り

製版
全体のメリハリをつけるため、背景のグレー部分をかなり濃くしてみる。また、砂目の効果があらわれるよう、下地に印刷する砂目を2倍程度に大きくした。
版の構成
特スミ(砂目版)、プロセス4色(CMYK)、特スミ(シメ版)
特スミ(砂目版) K C M Y 特スミ(シメ版)
特スミ
(砂目版)
K C M Y 特スミ
(シメ版)
校正刷り
背景の濃さで印象がどの程度変わるかを見るために、シメ版を1度刷りと2度刷りの2種類作成した。
刷り順
特スミ(砂目) → K → C → M → Y → 特スミ(シメ)(1度または2度)
テスト結果

シェレナ シェレナ
表面加工の影響なのか、想像以上にインキの厚みを感じる。紙の表面がボコボコしているので、ビジュアルの細かい部分が再現ができなくて残念。
ニュー特レーブル輝き ニュー特レーブル輝き
仕上がりは予想通り。この3種類の中では最も平滑性が高い用紙なのでビジュアルの再現性が高い。下地の砂目がグラデーション部分でかなり効果的。
新局紙 新局紙
ドライダウンが激しく、彩度が欲しい緑の発色が思うように得られないのが残念。しかし浮世絵っぽい独特の雰囲気は捨てがたいものがある。
鈴木氏のコメント
「シェレナはインキの厚みを凄く感じるので面白いんだけど、ちょっと方向が違う。ビジュアルの再現性とか、グラデーションの滑らかさを考えるとニュー特レーブル輝きがいいかな。背景は1度刷りと2度刷りでかなり色合いが違ってて、こうやって比べると2度刷りの方が引き締まってていいんだけど、でもちょっと濃すぎるなあ。でもこれで大体わかりました。文字とかイラストをブラッシュアップして次回入稿します」
背景を濃くしたので全体のメリハリがついたが、それにつれてグラデーションのトーンがきつくなり、幻想的な雰囲気が損なわれてしまった。グラデーションの調整やメインビジュアルの彩度を上げることなどが本番への課題となった。
プロフィール

鈴木守 Suzuki Mamoru
鈴木守
Suzuki Mamoru

日本デザインセンター、戸田正寿デザイン事務所を経て、1994年鈴木守デザイン室を設立。グラフィックデザイナーとしてデジキューブキャンペーン、三菱電機 坂本龍一ツアー'f'広告、NIKE北海道マラソンイラストレーション、J-Debitロゴデザイン・広告、J-PHONE J-SKYロゴデザインなど数多く手がける。92,93,98年東京ADC賞、94年JAGDA新人賞、97年世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、デジタル・パブリッシング・グランプリ・コマーシャル部門大賞を受賞。JAGDA、東京アートディレクターズクラブ会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.