TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 2.テスト1-鈴木守
用紙/インキ

用紙
鈴木氏が選択したのはパール系の用紙。「紙地のキラキラした感じがうまく残らないかなと思って」とのこと。印刷適性のよい平滑なものからエンボス加工されたものまで、幅広くテストすることに。対して当社スタッフは、初めから金属光沢のある用紙によるトライを提案。カスレやムラが生じる和紙系の用紙もテストしてみることにした。
用紙
テストで使った用紙
左から順に、
シェレナ(ネージュ)
ニュー特レーブル輝き(シルバー)
シャインフェース(シルバー)
オフメタル(銀)
オフメタルUR(銀)
ハイピカE2F(銀)
新局紙
インキ
通常のプロセスインキを使用。
最後にニスを印刷することでキラキラした印象の向上を狙う。そのため、パールメジウムを混ぜたニスも実験した。
製版/校正刷り

製版
紙の偏光パールと下地に印刷する銀色を活かすためには、背景を濃くしすぎてはいけない。そこで、もっとも暗い部分が50%のグレー程度になるよう調整。 一方、メタル系の用紙に印刷する場合は、他の用紙とは逆で、紙の表面の銀色を抑える必要がある。そこで、砂目の版をネガ反転してオペークホワイト版を作成した。
版の構成
白・パール系の用紙: プロセス4色(CMYK)、銀、グロスニス
メタル系の用紙: プロセス4色(CMYK)、オペークホワイト、グロスニス
校正刷り
下地やニスを部分に施すことで、それぞれがどの程度の効果を及ぼしているかを比較検討できるよう設計。ニスは、グロス、マット、パールメジウム混合の3種類でテストした。
刷り順
白・パール系の用紙: 銀 → K → C → M → Y → グロスニス
メタル系の用紙: オペークホワイト → K → C → M → Y → グロスニス
テスト結果

テスト結果
鈴木氏のコメント
「もっとメリハリが欲しいなあ。全体にぼやけてしまって、グラデーションが生きない。平滑性の高い紙でないとイラストの細部が表現できないね」
画面を引き締めるにはグレーをもっと濃く、例えば黒にしてみるぐらいの方が良さそうだ。ニスはほとんど効果がなかった。砂目の効果が感じられないのは、砂目が細かすぎたのが原因と思われる。次回は砂目を今回より倍ぐらい粗くしてトライすることに。
用紙:シェレナ(ネージュ) 用紙:ニュー特レーブル輝き(シルバー)
用紙:シェレナ(ネージュ) 用紙:ニュー特レーブル輝き(シルバー)
用紙:オフメタル(銀) 用紙:新局紙
用紙:オフメタル(銀) 用紙:新局紙
次回への課題
背景の色調
砂目の大きさ
プロフィール

鈴木守 Suzuki Mamoru
鈴木守
Suzuki Mamoru

日本デザインセンター、戸田正寿デザイン事務所を経て、1994年鈴木守デザイン室を設立。グラフィックデザイナーとしてデジキューブキャンペーン、三菱電機 坂本龍一ツアー'f'広告、NIKE北海道マラソンイラストレーション、J-Debitロゴデザイン・広告、J-PHONE J-SKYロゴデザインなど数多く手がける。92,93,98年東京ADC賞、94年JAGDA新人賞、97年世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、デジタル・パブリッシング・グランプリ・コマーシャル部門大賞を受賞。JAGDA、東京アートディレクターズクラブ会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.