TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.テスト2-澤田泰廣
用紙/インキ

澤田氏が追求するグロス感やマット感を表現するには、その効果を演出するためのインキ類と用紙とのマッチングが課題となる。そのため、インキとニスの検証をまず行い、その結果をもとに澤田氏がデザインしたテスト用データで、グロス感とマット感の印刷効果をテストした。
用紙
印刷する紙によってグロス感やマット感に違いが生じるので、こうした紙の特性を考慮した上で、あえてマット系の用紙にはグロス感を、グロス系の用紙にはマット感がどこまで表現できるかをテストした。
テストで使った用紙
マット系用紙:Mr.B(ホワイト)、ヴァンヌーボV(ホワイト)、波光
グロス系用紙:アート紙、トリパイングロス、ルミナホワイトRC
インキ
プロセスインキとニスを使用。グロス感を強調するニスには、事前検証で効果があった樹脂を混入した。
製版/校正刷り

製版
メインのビジュアルとなる写真は前回のテスト結果を踏まえ、水銀のような重さを表現するために、あえて全体のトーンを緩く、かつ暗い部分はしっかり締めるよう調整した。
版の構成
プロセス4色(CMYK)+グロスニス+マットニス
校正刷り
紙本来の質感を生かしながら、マット系の用紙にはグロス感の表現を、逆にグロス系の用紙にはマット感の表現を高めることをめざした。
刷り順
K→C→M→Y→マットニス→グロスニス(樹脂混入)→グロスニス
図解
グロスニス グロスニス
グロスニス(樹脂混入) グロスニス(樹脂混入)
マットニス マットニス
Y Y
M M
C C
K K
刷り上がり 刷り上がり
テスト結果

Mr.Bでのテスト刷り Mr.Bでのテスト刷り
インキが重なり合う絵柄部分に独特のグロス感が表現された。
アート紙でのテスト刷り アート紙でのテスト刷り
文字が入った白地部分は、アート紙特有の光沢感がマットニスでかなり押さえられている。
澤田氏のコメント
「Mr.Bのテスト刷りを見たとき、あ、コレだ!と思いました。ニスで思いきりグロス感が増幅されて、鉛のような重さと、ちょっと不気味なヌメリ感が出ていて、見事にイメージが表現されたと感じました。それにしても、ファインペーパー系はニス加工によって紙の個性がグッと引き出されてくるんですね。これまで認識してしていた以上の特徴の差がここまで現れるとは正直、予想していませんでした。本番の用紙はやはりマット系を基本に考えていますが、コート系の紙も使って、逆のアプローチによる質感の差も試してみたいと考えています。写真はディテールの調子をできるだけ忠実に再現しながら、このイメージを大切に仕上げて下さい」
マット系の紙をベースにしながら、どれだけ異質なグロス効果が得られるかに挑戦した。通常のグロスニスやマットニスだけでなく、本来は別の目的でインキに混ぜる樹脂をニスに混ぜるなど、グラフィックトライアルならではの印刷実験を行った。この実験で検証した手法の一つが、Mr.Bの特性との相乗効果で独特のグロス感を表現することにつながった。もちろんコート系の紙については、マットニスでかなりの質感を得られることも確認できた。今回のテストを踏まえて、澤田氏がどのようなデザインをするのか楽しみである。
プロフィール

澤田泰廣 Sawada Yasuhiro
澤田泰廣
Sawada Yasuhiro

1961年東京生まれ。
1985年東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。サントリー(宣伝制作部)を経て、1989年より澤田泰廣デザイン室主宰。アートディレクターとして、主にグラフィック、広告、ブック、テキスタイルなどの領域で、サントリー、Y’s、VIVRE、コサカ技研、TDCなどの仕事を手がける。国内外の展覧会にも多数参加。
東京ADC最高賞、東京ADC賞、日本雑誌広告賞金賞、NY ADC銀賞、東京TDC銀賞、ACC制作者賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、JAGDA新人賞などを受賞。AGI、JAGDA、東京TDC会員。多美術大学助教授。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.