TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 3.テスト2-伊藤桂司
用紙/インキ

前回のテストを踏まえ、ビジュアルの重なりをテーマにテストを行った。
用紙
前回テストの結果、用紙を2種に絞り込んだ。
テストで使った用紙
トリパイン グロス
ルミナカード(スノーホワイト)
インキ
前回3種類を試したニスは、発色に大きな差が認められなかったため、一般的に広く使用されているOPニスに絞ることにした。
製版/校正刷り

製版
今回のテストにあたり、伊藤氏から新たな作品が提供された。
作品1は、動物をモチーフにした作品。規則的に配置された羊のビジュアルと、細かい線描で構成されている。作品2は、太いサインペンのような線で構成された落書き風の作品。作品1の上に作品2を重ねて印刷する。
作品1(部分) 作品2(部分)
作品1(部分) 作品2(部分)
校正刷り
今回も「白ベース」と「黒ベース」の2種類を作成。
「白ベース」はオペークホワイトで印刷したものと、紙地そのままの2種類。「黒ベース」はスミ2度刷り。そこにグロスニスで作品1を刷り、その上に作品2をマットニスまたはグロスニスで刷った。
刷り順
白ベース: オペークホワイト → グロスニス(1度または2度) → マットニス /グロスニス
グロスニス(1度または2度) → マットニス /グロスニス
黒ベース: スミ(2度) → グロスニス(1度または2度) → マットニス /グロスニス
さらに青とオレンジのインキを少し混ぜたグロスニスによる校正刷りも作成した。
テスト結果

グロスニス+マットニス グロスニス+マットニス
スミ+グロスニス+マットニス スミ+グロスニス+マットニス
グロスニス(オレンジ混入)+グロスニス(ブルー混入) グロスニス(オレンジ混入)+グロスニス(ブルー混入)
伊藤氏のコメント
「マットニスで印刷した作品がぐっと浮き出てきましたね。ベース、作品1、作品2とレイヤーのような重層感がある奥行きを感じますね。同じ手法なのに、ベースの色が違うだけでこんなに印象って変わるんですね。パッケージや装幀に応用できそうです。実用的な視点と、実験的な視点の狭間に立っている、そんなふうに感じています。さて、ここからどうするか、ですよね……。重ねる順番によっても印象が変わってくるから、線の強弱や図柄などもしっかり考える必要がありそうだなあ」
作品1が光の角度によって見えたり見えなかったりして、まるで地紋のよう。マットとグロスの質感の違いだけで、こんなにしっかり見えるとは驚きました。特にスミの上からマットニスで刷ると、特色のグレーで印刷したように見えます。微量のインキを混入したニスの表現も面白いですね。ピカピカの紙や超マットな紙を使って地を生かすのも面白いかもしれない。それにしても「たかがニス、されどニス」というトライアルになりました。まだまだ可能性がありそうで……、ニスもなかなか奥が深いです。
プロフィール

伊藤桂司 Ito Keiji
伊藤桂司
Ito Keiji

1958年東京生まれ。
主に広告、雑誌、音楽関係などの分野でグラフィック・ビジュアルワーク・アートディレクション・映像を手掛ける。2001年東京ADC賞受賞。同年「Buzz Club」(ニューヨーク:P.I.S MOMA)、「Active Wire」(ソウル/Haja Center)参加。その他、国内外の展覧会に多数参加。最近では、オレンジペコーのPV、ohana、ボニー・ピンク、流行通信、casa BRUTUS、SWITCH、愛知万博EXPO2005世界公式ポスターなど多数のビジュアルワークを手掛けた。作品集は『FUTURE DAYS』(青心社)他多数。Unidentified Flying Graphics代表。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.