GRAPHIC TRIAL 2017

GRAPHIC TRIAL 2017

グラフィックトライアルとは

グラフィックトライアルとは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企画です。
今年の表現テーマは〈 Fusion :統合、融合 〉。さらに異なるものがとけ合って新しい姿になるという意味を持ちます。版とインキと紙、それぞれに知恵と技とを融合して進化を遂げ、コミュニケーションの領域を拡大してきた印刷は、まさにフュージョン・テクノロジーの世界。クリエイターと凸版印刷プリンティングディレクターの感性と発想、知恵と技術の融合から生み出された表現世界をご覧ください。

Graphic Trial is a high quality printed poster exhibition sponsored by Toppan, Japan. Toppan and top creators came together to explore ways of creating a new collaborative approach to printing.
This year’s theme is “Fusion” -the uniting or merging of different elements into new forms. Printing, in essence, is a fusion technology. By fusing knowledge and techniques, printers have evolved inks, papers, and plates to expand the domains of communication. Eminent creators and Toppan printing directors have fused their sensibilities, wisdom, ideas, and techniques to produce innovative dimensions of express.

参加クリエイター

  • ネコがまるで異次元空間に浮かんでいるかのような不思議な世界。実現するには、繊細な毛並みや輪郭と背景を溶け込ませながら存在感を際立たせる表現技術が必要です。印刷の技でどこまでいけるか試してみることにしました。

    PD:田中一也
    写真:中村成一

    Adventures in wonderland: a fluffy cat floating in an alternate dimension. The challenge in producing this work was to accentuate the cat’s features while fusing the delicate coat and textures of the body with the background. Cat Fusion is a personal attempt to go as far as possible with the printing medium.

    Printing Director:Kazuya Tanaka
    Photo:Seiichi Nakamura

略歴

1933年東京生まれ。1956年東京藝術大学美術学部図案科を卒業後、資生堂宣伝部、デスカを経て、1961年に仲條デザイン事務所設立。主な仕事に資生堂『花椿』誌の40年以上にわたるアートディレクションをはじめ、ザ・ギンザ/タクティクスデザインのアートディレクションとデザイン、資生堂パーラーのパッケージデザイン、東京銀座資生堂ビルのロゴタイプ及びサイン計画、松屋銀座、スパイラル、東京都現代美術館、細見美術館のCI計画、『暮しの手帖』表紙イラスト等がある。

A brief history

Born in Tokyo in 1933. After graduating from Tokyo National University of Fine Arts and Music (the Department of Design) in 1956, Nakajo joined Shiseido Co., Ltd. (advertising department) and later worked at Deska K.K.
In 1961, he established Nakajo Design Office.
Major works: art direction for Shiseido's cultural magazine Hanatsubaki for more than four decades; art direction and design for The Ginza "Tactics Design"; packaging design for Shiseido Parlour; logotype and signage planning for Tokyo Ginza Shiseido Building; corporate identity (CI) planning for Matsuya Ginza department store, Wacoal Spiral Building, Museum of Contemporary Art Tokyo, and Hosomi Museum; cover illustrations for Kurashi no Techo magazine.

  • 先達の思想や創造が私にもたらした化学反応はまさに“Fusion”でした。デザインの可能性に気づかせてくれたアラン・フレッチャーや横尾忠則、浅葉克己ら敬愛するデザイナーたちと故郷の自然を融合して作品にしました。

    PD:山口理一
    写真:メルク・インボーデン

    The impulse behind this work is chemistry―a fusion of the ideas and creations of precursor designers. I blended the natural world from my country, China, with images from the designers I adore most―people like Alan Fletcher, Tadanori Yokoo, and Katsumi Asaba. Their works have opened me up to countless possibilities for design.

    Printing Director:Riichi Yamaguchi
    Photo:Melchior Imboden

略歴

1973年中国生まれ。中国美術学院でグラフィックデザインを学んだ後、ベルリン芸術大学の修士課程で美術を専攻、2011年にベルリン自由大学で文化史の博士号取得。ベルリン芸術大学で教鞭を執った後、現在は香港理工大学、杭州の中国美術学院で客員教授を務める。2002年ベルリンにデザインスタジオ兼出版社「hesign」設立、2008年からは杭州にも支社を設置。近年の日本では、第10回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2012で金賞受賞、同トリエンナーレ第11回で審査員、2012年ギンザ・グラフィック・ギャラリーでの個展開催等がある。

A brief history

Born in China in 1973. He is now living in Berlin, working as a graphic designer, professor, and publisher.He studied graphic design at the China Academy of Art (1991-1994), master school of Fine Arts at the Berlin University of the Arts (1997-2001) and took his PhD in cultural history at the Free University of Berlin in 2011. He has been teaching at the Berlin University of the Arts and serving as a guest professor and doctoral supervisor at the China Academy of Art in Hangzhou. In 2002, he established his own design studio and publishing house, "hesign," based in Berlin, then established another branch in Hangzhou in 2008.
He won the Gold Prize at the 10th International Poster Triennial in Toyama, 2012; participated as a jury member in the 11th International Poster Triennial in Toyama, 2015; and had a solo show, Flashback, at Ginza Graphic Gallery in 2012.

  • いつもなぜかワクワクするスクラッチ。削って剥がれて絵が変化する様は、削りとられた色の破片も含め、素敵な体験になりそうです。見る楽しさと削る楽しさを1枚のポスターに詰め込んだスクラッチ印刷のトライアルです。

    PD:冨永志津

    This is a “scratchable” print created experimentally. People tend to get a thrill from scratching the surface away. The work brings together the joys of seeing a poster and altering its appearance by scratching. You’ll marvel at the changes in the image when parts are chipped and peeled off.

    Printing Director: Shizu Tominaga

略歴

1980年生まれ。女子美術大学デザイン科造形計画専攻卒業後、大貫デザイン、宇宙カントリーを経て、2007年に独立。広告、CDジャケット、映像、装丁などで幅広く活動。主な仕事に、ラフォーレ原宿 、野田秀樹演出舞台「THE BEE」「半神」のアートディレクション、木村カエラやChara、Perfume、星野源のCDアートワーク、LUMINE“IT'S NEW ”WEEKキャンペーンビジュアル、渡辺直美展のアートディレクション等がある。2016年から雑誌『装苑』で連載をはじめる。2016年東京ADC賞、ミュージックジャケット大賞受賞。

A brief history

Born in 1980. Yoshida joined Onuki Design office and Uchu Country art design group after graduating from Joshibi University of Art and Design (the Department of Design, concentrated in formative planning).
She engaged in various advertising projects, visual productions, CD jacket designs, book designs, etc. on a freelance basis from 2007 onward.
Major works: art direction for Laforet HARAJUKU department store; THE BEE and HAN-SHIN theater productions directed by Hideki Noda; artworks for CD releases from the artists Kaela Kimura, Chara, Perfume, and Gen Hoshino; promotion visuals for the "'IT'S NEW' WEEK" campaign by LUMINE department store; art direction for the Naomi Watanabe Exhibition. Started a serial article in the fashion magazine SO-EN in 2016. She received a Tokyo ADC Award and the Grand Prix at Music Jacket Award in 2016.

  • “RAVUS”(ラーウス)はラテン語で灰色を意味します。さまざまな色の”Fusion(融合)”からなる曖昧な世界、「陰と影」の狭間に潜む「間(ま)」のような存在であるモノトーンの概念を拡張することで、新たな表現に挑みました。

    PD:尾河由樹
    写真:中津祐一

    “Raves” means “grey” in Latin. I’ve stretched a concept of monotone――a fuzzy tone composed of various hues fused together; a space filled with nuances between shade and shadow――to create a new dimension of expression.

    Printing Director: Yuki Ogawa
    Photo: Yuichi Nakatsu

略歴

1985年生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、トッパンアイデアセンタークリエイティブ本部在籍。入社以来、主に企業の販売促進ツール、ブランド・アイデンティティなどのアートディレクション、デザインを手がける。TOKYO GRAPHIC PASSPORT at Centre Pompidouにおける展示、CANNES LIONS LIONS Health PHARMA 銅賞、CLIO Award CLIO Healthcare Design 銅賞、SPIKES ASIA DESIGN 銀賞、THE ONE SHOW Design Merit賞、全国カタログ・ポスター展 経済産業大臣賞、Tokyo Midtown Award 審査員特別賞などを受賞。

A brief history

Born in 1985. Sawada joined Toppan Printing Co., Ltd. (the Creative Department of Toppan Idea Center) after graduating from Musashino Art University (the Department of Science of Design). He engages mainly in art direction and design for sales promotion materials and brand identity creation for client companies. Produced an installation at the TOKYO GRAPHIC PASSPORT at Centre Pompidou.
Commendations: CANNES LIONS Health PHARMA bronze prize; CLIO Healthcare Design bronze prize at the CLIO Awards; SPIKES ASIA DESIGN silver prize; THE ONE SHOW Design Merit prize; Minister's prize from the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry at the National Catalog & Poster Contest; Judge's Special Prize at the Tokyo Midtown Award; and more.

展覧会情報

会期
2017年7月1日(土)~9月18日(月・祝)
参加クリエイター
仲條正義
ジャンピン・へ
吉田ユニ
澤田翔平
会場
印刷博物館P&Pギャラリー/P&P Gallery, Printing Museum, Tokyo 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
開館時間・休館日
10:00~18:00
毎週月曜日(ただし7月17日、9月18日は開館)、7月18日(火)
入場料
無料(印刷博物館本展示場へご入場の際は入場料が必要となります)
主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館
企画
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
後援
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
公式Twitter
@GraphicTrial
公式Facebook
グラフィック・アーツ・センター(凸版印刷)
お問い合わせ先

印刷博物館

〒112-8531東京都文京区水道1丁目3番3号トッパン小石川ビル

Tel. 03-5840-2300(代表) Fax. 03-5840-1567

Dates
Saturday, July 1 - Monday, Public holiday, September 18, 2017
Creators
Masayoshi Nakajo
Jianping He
Yuni Yoshida
Shohei Sawada
Venue
P&P Gallery, Printing Museum, Tokyo
Opening Hours
10:00~18:00
Closed every Monday (Expect July 17, September 18) and on Tuesday, July 18
Admission Free
Admission fee required for entry to the Printing Museum’s main exhibition area.
Organization
Printing Museum, Tokyo / Toppan Printing Co., Ltd.
Planning
Toppan Idea Center / Toppan Printing Co., Ltd.
Endorsement
JAGDA (Japan Graphic Designers Association Inc.)

アクセス

アクセスマップ

  • 交通のご案内

    ○江戸川橋駅=東京メトロ有楽町線(4番出口)より右へ徒歩約8分

    ○飯田橋駅=JR総武線(東口)、東京メトロ有楽町線、東京メトロ東西線、
    東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線(B1出口)より徒歩約13分

    ○後楽園駅=東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ南北線(1番出口)より徒歩約10分

    ○都営バス[飯64]=九段下~飯田橋駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分

    ○都営バス[上69]=上野公園~春日駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分

    ※駐車場がご利用いただけます。(有料)

  • 印刷博物館 P&P Gallery

    ENGLISH

イベント情報

TALKギャラリートーク 仲條正義×菊地敦己
2017年7月22日(土) 開催 7月4日(火)10:00 事前予約開始ご予約はこちら

本展参加クリエイターの仲條正義氏がゲストに菊地敦己氏を迎え、ギャラリートークを行います。
■出演
仲條正義 菊地敦己
■日時
7月22日(土)14:30~16:00
■会場
印刷博物館 グーテンベルクルーム(地下1階)
■定員
80名 事前予約制
■入場料
無料
※印刷博物館本展示場へご入場の際は入場料が必要になります。
■お申し込み
当ページの予約フォームよりお申し込みください。
ご予約はこちら
※お申し込みは7月4日(火)10:00より開始いたします。
※ご記入いただいた個人情報は、当イベントに関するお知らせ以外使用いたしません。
※定員になりましたら、お申し込みを締め切らせていただきます。
■お問い合わせ
凸版印刷株式会社 GAC部
TEL 03-5840-4059(代表)
Mail gainfo@toppan.co.jp
受付時間 9:00~18:00

TALKデザイントーク in TOPPAN vol.20
2017年7月1日(土) 開催 6月13日(火)10:00 事前予約開始ご予約はこちら

参加クリエイターとPD全員によるトークイベントを開催いたします。(通訳付き)
■出演
仲條正義 ジャンピン・へ 吉田ユニ 澤田翔平
田中一也 山口理一 冨永志津 尾河由樹
■日時
7月1日(土)14:30~17:30
■会場
印刷博物館 グーテンベルクルーム(地下1階)
■定員
80名 事前予約制
■入場料
無料
※印刷博物館本展示場へご入場の際は入場料が必要になります。
■お申し込み
当ページの予約フォームよりお申し込みください。
ご予約はこちら
※お申し込みは6月13日(火)10:00より開始いたします。
※ご記入いただいた個人情報は、当イベントに関するお知らせ以外使用いたしません。
※定員になりましたら、お申し込みを締め切らせていただきます。
※プログラムは変更になる可能性がございます。
■お問い合わせ
凸版印刷株式会社 GAC部
TEL 03-5840-4059(代表)
Mail gainfo@toppan.co.jp
受付時間 9:00~18:00

過去の作品はこちら

Copyright 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD.