CSR戦略構築支援

GRI、ISO26000などの各種ガイドラインやSDGsを活用した、
マテリアリティ(重要性)特定、方針・ビジョン・KPI構築などの戦略支援。

マテリアリティ特定・KPI構築

GRIガイドラインに則したプロセスのもと、ステークホルダー調査・ダイアログ等も交え、マテリアリティ(重要性)の特定を支援します。また、企業の特徴あるCSR方針・ビジョン・KPI(重要指標)などの構築も行います。

Step1 企業が社会に与えるインパクトを広い範囲で洗い出す/Step2 洗い出した課題の中で重要なCSR活動を特定する/Step3 特定したCSR重要活動について経営層から承認を得る/Step4 定期的に見直しを行ないCSR活動を向上させる
ISO26000全詳細項目リスト CSR重要活動目標・実績一覧のフレーム 有識者とのマテリアリティ特定の確認 年間のPDCAスケジュール

ISO26000セルフチェック

内容理解が難しいISO26000を、A3約20シート・300項目にわたり意訳をつけご提供。CSR活動のセルフチェックを支援します。

7つの中核主題(ISO 26000 から引用)
ISO26000セルフチェック

SDGsの活用支援

SDGコンパスの活用プロセスのもと、「優先課題の決定」および「目標の設定」支援を通じSDGsの事業への組み込みを実現します。

エンゲージメント実施

ステークホルダー・ダイアログの企画(テーマ決定、有識者コーディネート)・実施(ファシリテーション)から、Webなどを活用したステークホルダー調査までトータルに支援します。

  • エンゲージメント実施

CSRコミュニケーション支援

本当に理解していただきたいステークホルダーにあわせた、
CSRコミュニケーション支援。

CSRレポート・サイト制作

数多くのCSRレポートを手掛けた実績や分析力をもとに、企業において重要なステークホルダーに伝わる効果的なレポーティングをご提案します。

CSRレポート・サイト制作

生活者向けツール開発

CSRレポートのノウハウをベースに、生活者視点に立った共感型コミュニケーションを創出。
CSRをテーマにした、生活者との新たな関係を構築します。

生活者向けツール開発

インターナルコミュニケーション開発

従業員が自分ごととしてCSRを捉え、社会課題への認識を醸成するコミュニケーション開発と浸透施策ツールをご提案します。

お問い合わせ