そのCSRメッセージ、本当に伝えたいステークホルダーに届いていますか?

「責任」を「価値」へと変える、CSRブランディングの新ステージへ

近年、CSRレポートやCSRサイトだけではなく、新聞・雑誌・TVCMなどマスメディアを活用して、環境・社会貢献活動の積極的な情報発信が行われてきています。
この様な状況の中で、これまで通りのマルチステークホルダーに向けた網羅的なコミュニケーション・報告スタイルでは、情報が埋没してしまい、本当に伝えたいステークホルダーには届きません。メディアの特性を活かし、各々のステークホルダーにあわせた情報発信が必要となります。
また、ステークホルダーのより深い共感を生み出していくためには、CSR戦略の構築とともに、事業活動や企業文化を活かした、企業ならではのメッセージの開発も必要です。
トッパンは、日本におけるCSRの黎明期から実績とノウハウを長年にわたり積み重ねてきました。そして今後も、戦略性と共感性を兼ね備えた提案を行っていきます。

CSR戦略構築支援

GRI、ISO26000などの各種ガイドラインやSDGsを活用した、マテリアリティ(重要性)特定、方針・ビジョン・KPI構築などの支援を通じ、企業価値を高めるCSR戦略をご提案しています。

> 支援メニューはこちら

CSRコミュニケーション支援

本当に理解していただきたいステークホルダーにあわせた、ツールの開発や共感を生み出すコミュニケーションをご提案しています。

> 支援メニューはこちら

お問い合わせ